【初心者の教科書】”株式投資”儲けるまでのロードマップ【始め方】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

株式投資には”正解”というものがありません。

成功した人が”正解”という、
非常に難しい基準になってます。

なので今日は、

どのように”株式投資”を進めていくか

それを簡潔に説明していきたいと思います。

”株式投資”の教科書:初心者のためのロードマップ〜初めに〜

shun's article picture - thinking plan
 
まず初めにこの記事についてですが、

ある程度の儲けを出すまでの、
準備段階まだの説明をしています。

その道すじを示すものですので、

これの通りすれば儲かる!

という考えは一番失敗しやすくなりますので、
あくまで”説明書”のようにお使いください。

もし何か質問ありましたら、

こちらTwitterの方まで連絡お願いします。

”株式投資”の教科書:まず初め方〜手の付け方

shun's article picture - planing
 
それではまず初め方からいきます。
しかし、この記事はその先を説明したいので、

スポンサーサイト

  手数料は安い。夜間取引もしたいならこちら

スポンサーサイトLINE証券

  一株単位で購入可能。ラインアプリより登録可能で簡単。

こちらなどで登録をしていただき、
その後取引のアプリを取得してください。

このときに基本必要なものは、

  • 携帯
  • 身分証明書
  • 銀行の口座

これぐらいですので、
そのまま応募フォームにご記入ください。

そのまま言われた通り、書かれてある通りに
するだけで登録は簡単にできます!

株式投資の手の付け方

ここからが大事なところです。

まず口座に入れるお金は”10万円”
ほどにしておきましょう。

この”10万円”は、

なくなる気持ちで使ってください。
ここは割とポイントで、

初めに1、2万の損失に怯えてしまうと、
株式投資でぶつかる壁に備えられません

この説明は後でしますが、
もちろんなくす気持ちでと言っても、

なくなることはないので、心配せずにいてください。

銘柄選び

ロードマップを作る上で、
ここが一番難しい項目なんですが、

初めは正直銘柄が大事というよりは、

雰囲気が掴むことが何より大事です。
なので、

Kabutan

こちらのサイト中腹ぐらいに、
”人気のテーマ”

というところがありますので、
そこの”1位”のテーマをクリックしてください。

そこで買える銘柄を選んでください。

それか、
当ブログでも銘柄選定をしてますので、
そちらもご利用ください。

銘柄選びはコチラを参考にどうぞ

安いとこで買って、高いとこで売る

もう一回書きますが、

”安いとこで買って、高いとこで売る”

これが全てです。

日本人の9割が株に負けると言われてるのは、
この基本ができてないからです。

それをしっかり染みつけさせましょう。
この買った銘柄を、

1日の間に買って売ってしてみましょう。

このときに考えることは、

  • 1日の間で取引は買いと売り1回ずつ
  • 絶対に取引ルールをつける(後述)

これだけです。
取引ルールの作り方は後で説明します。

チャートを見続けるのが重要。
むしろチャートを見るための時間です。

しっかりチャートを見ましょう!!

とりあえずこれで2〜3ヶ月やりましょう。

スポンサーリンク

初心者の”株式投資”:儲かるまでの教科書

shun's article picture - money puzzle
 
ここからはもう少し深いところを
説明していこうと思います。

ここでは、

  • 前項の取引のルール決めの話
  • 10万円取引の次の段階

この辺りですね。

取引の際のルール決め

これは長く取引をしていると、
より多く利益を取ろうとするために、なくしたりすることもあります。

ですが、これを守ってさえいれば
安定に利益を出せたのに・・・。

というのも事実です。
なので、まず”基本”としてルール決めを忘れないようにしましょう。

まずどのようなルールを決めたらいいか。

  こちらの記事でも紹介しています。

簡単に説明しますと、

買った価格から○%変化があれば利確

これが大きなルールになると思います。
わかりにくければ、

  • 20円上がったら利確
  • 10円下がったら利確

ぐらいの考えていいでしょう。
もしそれ以上、
値上がりしそうな場合でも、

一旦売買をして、もう一度入り直しましょう。
初めのうちはとにかく簡単に、

取引をシンプルにして、
チャートの流れを知ることを中心にしましょう

買う場所は初めは考えてもしょうがないです。

この取引に慣れるタイミング

多分これを、

面白くなくなるタイミング

がやってくると思います。
そうなると次のステップに進みましょう。

ここまできたら少し資金を増やし
株価の予想を行ってみましょう。

そうすると、

何もわかんなくて動けなくなる

と思います。

ここで”テクニカル投資”を調べてください。
このブログでもそのうち紹介しますが、

  • MACD
  • ボリンジャーバンド
  • 単純移動平均線

この辺りを知っておくだけで、

取引の質が変わってくるでしょう。

 
  テクニカル分析を勉強する前に

  難しい内容は嫌い!そんな方へ

まとめ:初心者が”株式投資”で儲かるまで。
ロードマップの作成

shun's article picture - news tablet
 
ここまで取引を行っていれば、
初心者卒業といってもいいと思います。

ここからはある程度、

自分で考える必要が出てくる

 
というより更に稼ぐには
タイミングをもっと考える意味が出てきます

ぼく自身の話になりますが、
初めに”テクニカル投資”や”バリュー投資

色んな投資法を学ぼう!
と思い過ぎたせいで、
うまくいきませんでした。

そして途中でデイトレを諦めるのですが、
デイトレの動きも知っておかないと、

突然の動きに対応できない

 
ということで考えたのが、
今回のロードマップです。

大勝ちを目指すのはある程度慣れてから

株で失敗する原因、第一位は間違いなく、

大勝ちを狙うがあまり後に引けなくなる。

だと思っています。

  • 損切り
  • 塩漬け

初心者がやってしまうことです
塩漬けしていいのは、
理由があるときだけです。

それをしないようなロードマップとなってます。
初心者の方に最後に言いたいのは、

株はギャンブルじゃありません。

運ももちろんあります。
しかし、しっかりと学べば株は勝てるので、

一世一代の大懸けなんてやめてください。

おわり

スポンサーリンク