【DAM版】”カラオケ”を一段とうまく聴かせる設定【歌いやすい裏技】

All-Life Life Music

 

こんばんは。shunです。

普段は投資家をやってるぼくですが、
元々はバンドで飯を食っていくぞ!

という若い頃がありました。

その時にカラオケのバイトをしながら、
バンド生活をしており、

音楽のことならある程度詳しいつもりです。

そして色んな”カラオケ”のことを研究し、

店員のみぞ知るみたいな。裏技もあります。

いってはいけないこともあるので、
今回は触れる範囲で、

  • DAMで歌いやすくする設定
  • 少しの小ネタ・裏技

この辺りを記事にしたかったです。
今後カラオケ業界も大変だと思いますが、

応援の記事となれば良いです!

  【投資目線】カラオケ業界の今後

”カラオケ”で歌いやすい設定を見つけ出そう。
DAMはまずここから触っていこう

shun's article picture - mike and headphone
 
今回はDAMの機器での説明となります。

カラオケに入ると、
まずどこの設定から触るでしょう。

  • マイク音量
  • ミュージック音量
  • エコー

このような調節するとこがありますが、
ちょっと待った!!

ここを触る前に先に変更することで、

  • 気持ちよく
  • さらにうまく聴こえる
  • 歌いやすくもなる

そんな方法がありますので、
一度皆さんにも試してほしくて、

説明させていただきます。

まず触るのは”主音量”

カラオケというのは、
機械から直接スピーカーに伝わるものではなく、

”アンプ”というものが存在してます。

カラオケの機械の一番下にあると思います。

そのアンプで”主音量”と”左右バランス
を設定することが可能なのですが、

今回注目するのは、
この主音量!

音が小さいなら、
先にここからあげるようにしてください。

とりあえずの全体音量なので、
ある程度にして次にいきましょう。

細かい設定へ

ここからが少しめんどくさいとこです。
しかし、これを覚えておくだけで、

かなり聴こえ方が違ってきます。
まず”カラオケ”のおもての画面。

shun's article picture - karaoke 5
 
設定をタッチします。

shun's article picture - karaoke11
 
最初は”音の項目”を設定していきます。

”音”を押すとこのような画面になるので、
次に”トーンコントロール”を設定します。

shun's article picture - karaoke9
 

ここで”ミュージック”と”マイク”の
音の波長を調節できます。

この辺りは写真の方が分かりやすい!

karaoke 6
 

  •  ミュージックは高音をカットして、
  •  低音を強くすることで、
  •  ミュージック音量を上げた時に、
  •  キンキン感を減らせる効果があります。

shun's article picture - karaoke 4
 

  •  マイク設定は人によって違いがあります。
  •  高音カットをする。
  •  というのは音楽的なテクニックの1つで、
  •  高い声を張り上げても、
  •  うるさくないようすることが可能なので
  • 誰がやっても意味があります。
  •  ”中音域“はあげることで、
  •  結果的に音圧を上げれるので、
  •  声量に自信のない方は少し上げてみよう

ここまでで90%完成です!
これでも普段と音が変わるはずです!

ここから先は更に”ごまかす”設定となります。

 

ボーカルプロセッサ

shun's article picture - karaoke8
 
こちらの”ボーカルプロセッサ”ですが、
色々試してみましたが、

触らずともいい項目が多いです。
1つずつ効果を説明していきます。

各項目必要だと思ったら、
つけてみてください。

パワーボイス

おそらくですが、

弱いとこを強くしようとする効果

変なとこで音圧が上がるので、
あんまりいらないかなあと思う。

シャープネス

音圧を揃える効果。

だと思います。
歌に自信がない人は、

これを”5”ぐらい入れると、
うまく聴こえるようになります。

練習するときは切ってください

エコー種別

色々試したけど、
違いを言語化するのが難しいです。

好みでいきましょう!!!

ローカット

低音域をカットしてくれる効果。

これも違いが分からず。

少し低音域がクリアになるかな?
ぐらいなので、入れてても損はなさそう。

歯擦音カット

DTMなどではよく使われる、

”ざ”とか”さ”の息みたいな雑音を消す効果

この機能は入れると、

いる音もカットされてる感があるので、
入れない方がいいかなと思います。

ハイカット

入れても”1”でいいと思います。

あまり強く入れると音が潰れます。

初めのマイク設定で、
高音を切っていればいらないはず。

ここまで長く説明しましたが、
一番大事なとこは、

  • ミュージックの高音カット

  • マイクの高音カット

  • ボーカルプロセッサのシャープネス

ここを設定してから、
音量設定をすることで、

一段高いレベルの”カラオケができますので、

一度試してみてください。

スポンサーリンク

”カラオケ”の機械には小ネタがたくさん。
DAMの設定を触ってみよう。

shun's article picture - bird sing song
 
ここからしといたらかっこよく見える!
ぐらいの裏技小ネタの紹介です。

話のネタぐらいに使ってください。

PVなどの曲のときに歌詞を小文字に

これは先ほどの項目の設定押した後の、

shun's article picture - karaoke10
 
”コンテンツ”の中にあります。

shun's article picture - karaoke 3
 
”映像コンテンツ”の中の、

shun's article picture - karaoke 2
 
ここを”小”にするだけです。

これでライブ映像PV映像のときの、

歌詞が小さく下に表示されます。

 

ハウリング対策

これはお客さんがやるというより、
店側がするべきことですが、

2人以上でカラオケをしていると

”ハウリング”に悩まされるときがあります。

 
そんなときの対処策として、

  • マイク同士を近づけない。
  • マイクのヘッドを強く握らない。

これは当たり前ですが、
それ以外に先ほど紹介したものが使えまして、

  • マイクの高音・低音を下げる
  • マイク受信機の線を挿し直す

これだけで”ハウリング”を直せます。

 

  •  マイクの受信機の線を触るときは、

  •   絶対アンプの電源を切ってください。

DAMチャンネルを変更

設定→曲間と進みまして、

BGV関連というとこの項目に、

shun's article picture - karaoke7
 

DAMチャンネルを演歌に変えることができます。

そうです。無駄な知識です。

まとめ:”カラオケ”の歌いやすい設定
DAMの機械にまつわる小ネタ・裏技

shun's article picture - many mikes
 
ちょっと長くなってしまいましたが、
初めに少し時間をかけるだけで、

歌いやすい設定することが可能です。

 
たまにカラオケの部屋によっては、

  • 高音が上げられていたり。
  • 低音が下がっていたり。

そんな部屋もありますので、
気持ち悪い音があるときは、

結構変わるのでおすすめです。

 
またハウリング対策なんかは、
店単位でやってもいいと思うので、

 ハウリングのクレームをうける。

そんなお店は試してみてください。

おわり

スポンサーリンク