Investmentに関する記事一覧


All-Investment Investment Stock investment

株式市場を賑わせています。”オリックス”の株主優待廃止。これにより株価はどのように推移していくのでしょうか。もちろん影響しないわけはなく、考えるべきタイミングです。もちろん廃止理由によって株価が下落する銘柄が多いですが、この際に優待廃止について考えてみましょう。配当に推移しておく意味を解説していきます。

All-Investment Investment Stock investment

今あまり注目を浴びることがない”バイオ株”。一時期はテンバガーの夢があるとされ、大化け期待でよく注目されていました。しかし2022年では特に危険性が強い銘柄となり、いい材料が出てもあまり株価上昇が見られません。そんなバイオの本命銘柄を探りながら危険である理由を解説しています。あまり昔の夢を追いかけすぎないように。

All-Investment Investment Stock investment

何度も新型コロナが再拡大していき、”アフターコロナ”がずっとこない状況となっていました。そんな中で少し落ち着きを見せてきましたので、この現在地点での居酒屋関連の株銘柄の選定をしていこうと思います。特におすすめの銘柄はどのように考えていくべきかも解説していきます。飲食店の銘柄に関しては考え方はいくつもあります。

All-Investment Investment Stock investment

今回取り上げていく銘柄は、”BEENOS”という企業になります。この株価の上昇には情報の罠があり、それがそのまま下落理由に繋がっていきます。企業そのものの将来性に関する部分も自社の投資が関わっており、これがすぐに業績に繋がる内容だとは言えませんので、なぜ下落したのか。この結論は過熱感が高すぎたためとなります。

All-Investment Investment Stock investment

株式投資界の用語として、”ハコ企業”という言葉があります。簡単に言えば実態がないのに、あたかも将来性が高いように見せて新株や株価上昇により、資金調達するような企業を言います。この資金はどこに流れているかわからない詐欺のようなこともありますので、その例や特徴。その見分け方とは。という部分を解説していきます。

All-Investment Investment Stock investment

今日は今更ですが、GWということで日本が誇る大企業、”トヨタ自動車”についての話となります。問題ないように見える企業にも懸念点も存在しています。そしてなぜか安い株価。この辺りを解説していこうと思います。このように煽るのようなタイトルではあるものの、今後の将来性は問題なしです。もしもを少し考えておきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

皆さんはLINE証券の”ナイトセール”というものをご存知でしょうか。なんと決算後の株をその日の市場の終値で買える。という夢のようなサービスであります。実際にPTSの買い場ではなく、先に買うことはかなりのアドバンテージだと言えます。このような株式投資のチート技しっかり実践していきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

最近世の中を震わすような不祥事が発覚した”吉野家”。株価としてみたときにどうなっていると思いますか。普通の場合ですと株価の下落から悪いと暴落してしまうことが多いです。そんな不祥事と株価の関係性の解説となります。この辺りは企業の将来性も関わってきまして、今後業績が上がってくるのならば、投資するチャンスともなりそうです。

All-Investment Investment Stock investment

株式投資をする際にどんな情報を頼りにしますか?もちろんSNSなどの情報も意味がないとは言えませんが、一番重要な情報は企業が出している”IR”となります。これを全て見極めるのは難しいことではありますが、ある程度読み方・見方を知っておかないと危険な場面もあります。株価の影響とともに覚えておきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

二次元の世界では有名な”ブシロード”という企業。上場していることをご存知でしょうか。実はこの企業、株を知らない人にも購入するメリットがあると考えています。株主総会や株主優待にも面白さがあり、企業としての将来性も感じられると思っています。今回は投資家的な目線でも、普通の目線でも色んな面から購入する意図を考えましょう。