Stock investmentに関する記事一覧


All-Investment Investment Stock investment

最近の株式投資の記事は脱炭素を主に取り上げてきましたが、今回は最新技術の”ドローン”の話です。AIを駆使した自動操作もできるようになっていき、だんだん注目が集まるジャンルなってきました。ドローンを宅配へと実用化したり、物流に利用したり夢が溢れています。そんな株関連銘柄も同時に抑えていきます。

All-Investment Cryptocurrency Investment Stock investment

仮想通貨 (暗号資産)の最近あった主なマイナスニュースの話となります。エネルギー問題。法定通貨問題。追跡不可能なセキュリティが追えてしまった問題。抱えてしまった色んな問題から仮想通貨の今後の展望を考えていきます。勢いはは悪い状況となってきて、悩んでる人もかなりいると思いますが、将来性を見据えて投資を考えていきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

お待たせしました!2021/6月の”高配当銘柄”の選定となります。当ブログでおすすめする高配当株。そして、その過程で見つけた面白い株主優待を紹介していきます。夢の配当生活に関してもまとめで話してみました。最低いくらほど必要なのか。買う銘柄ともに考えてみると意外に少なくていいことがわかります。一度考えてはどうでしょう。

All-Investment Investment Stock investment

次世代エネルギーがどんどん新しく出てくる中で、特に推進が進められる”水素エネルギー”。特に、燃料電池自動車(水素カー)に必要な”水素ステーション”を取り上げています。今後ガソリンスタンドが減っていき水素ステーションへと変わる中で挙げられる脱炭素の課題。台頭してくる企業。その株式銘柄を選定しています。

All-Investment Investment Stock investment

新型コロナ禍にも出口が見えてきて、次に注目をするのは”不動産投資”となります。ぼく自身がするにはまだまだ勉強不足なので、知人の意見を元に記事を作成いたしました。大きな内容は外国で騒がれる”不動産バブル”は日本にも来るのか。バブルが起きるとどうなってしまうのか。株式投資目線の関連銘柄。の”3点”をメインに見ていきます。

All-Business All-Investment Business Investment Real Stock investment

コロナワクチンの摂取もだんだん進んでいき、元の世界に戻るか否かーー。いや元通りなんてないんです。”アフターコロナ”はまた新しい世界になると予想する記事です。当たり前のような日常が当たり前でなくなって、今はマスクつけるのが当たり前。となると”今”を中心に構築されるとぼくは予想しています。本当に難しい世の中になりました。

All-Investment Investment Stock investment

何度目になるでしょうか!カラオケの銘柄紹介のコーナーとなりました。ついに重鎮 7458"第一興商"の番です。他のカラオケを展開してる企業はなかなかとんでもない赤字を出しているのに、ここは規模の割には赤字は少なく、減配もなく高配当を維持しております。そこにはどんなカラクリがあるのでしょうか。その辺りを詳しくみていきます。

All-Investment Investment Stock investment

最近ブログで注目していた銘柄、6347 プラコーが”株式分割”を発表しています。同時に配当調整をして、ただ分割するだけとなりました。この行為に果たして、メリットはあるのでしょうか。同時にデメリットも説明しつつ、株価への影響はあるのか。その辺りを説明していきます。基本的にはデメリットはないのですが、安心は危険です。

All-Investment Investment IPO Stock investment

さてお待たせしました!5〜6月の”IPO”銘柄を出していきます。今回は4月上場中止となった、”アイ・パートナーズ”が再上場と相成りました。今回は儲かる銘柄の選び方。注意点なども書かせていただきました。今回はかなり日にちが固まりましたので、資金の少ない方は銘柄を絞り込むことが重要となります。しっかり見ていきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

誰もが想像しづらい株価の上昇タイミング。今大きいテーマである、”オリンピック中止”を題材に考えていこうと思います。この記事に関しては、主観である部分が大きく入っていて、実際上がるか下がるかは、正直わかりません。どれだけ株価への影響があるかの予想はします。暴落タイミングとしても考えられますので、リスクヘッジを大事に。