【株式投資目線】”タムラ製作所”のパワー半導体の将来性【酸化ガリウム】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

今日は少し旬が過ぎた話にはなりますが、

6765 タムラ製作所”が四半期決算を超えて、

株価が落ちていきそうなタイミングになりましたので、
狙いたい株価まで落ちてきそうなので、

ここで取り上げてみたいと思います。

思惑でかなり短期で集まっていた、
利益確定の売りが固まったようにみられます。

しかし本来上がるべき材料を持ってます。

  • タムラ製作所の株価が上がると思う理由
  • 酸化ガリウムというパワー半導体の力

この辺りを説明していきます。

”タムラ製作所”の株価が上がった理由とは
将来性はどうなのか

shun's article picture - operating score
 
まず初めになりますが、
”タムラ製作所”からカープアウトされた

ノベルクリスタルテクノロジー

この企業の開発となります。

結構前の話にはなります。
チャートで見るとこの急上昇したとこですね。

かなり上昇をしているのが分かります。

タムラに大量の買い、カーブアウト設立会社が世界初の酸化ガリウム半導体材料量産へ

こちらの材料ですね。
この後ストップ高を連発し、

かなりの株価上昇を見せました。

カープアウトとは

正直な話ちょっと難しい話なのですが、
子会社の簡単バージョンという感じですかね。

酸化ガリウムの技術の部分だけを切り離すことによって、
最悪事業がうまくいかなければ、

そのまま外部に売却したりできますし、
うまくいけばもう一度取り込む。

なんてこともあるそうです。

今回の場合はうまくいったということで、

タムラ製作所にも利点はありそうですね。

 

そんなにすごい材料なの?

ぼく自身もイマイチわからなかったのですが、
しっかり調べてみると、

とんでもない材料なのがわかります。

 
押さえるべきワードとして、

  • 世界初
  • 量産
  • 年内に提供開始の見通し

これが進むことにより、
安価で質が良く、小型化ができる。

と調べた中においては、
デメリットを見つけられないぐらいでした。

パワー半導体が注目されている中で、
もっと株価に反応しても良いんじゃないか?

ってぐらい大きな材料だと思っています。

悪い見立て

これだけ良い材料である”酸化ガリウム
株価が下がった理由としては、

材料出尽くし

の効果が強いと思います。
これにより業績が上がるのは、ほぼ間違いない状態になったので、

逆に言えばサブライズ感がない。

というのが株式投資目線での見方になります。
それではここから何を見るべきかというと、

  • とんどもない増益・増収
  • 配当の増額修正

新しい商品はポンポン出てこないでしょうから、
ここから先はどれだけ企業に価値があるか。

IR担当が見せる必要も出てきます。

なので来季の強気の目標と、
配当増額修正がセットで来るのを期待してみましょうか。

スポンサーリンク

酸化ガリウムパワー半導体とは

shun's article picture - create battery
 
そもそもそんな大きい材料なのか。

これがわかりづらい点ではありますよね。
世界初であっても、

実際に使われなければ意味がありません。

これが今から育っていかなければいけない分野。
においてかなり使えそうなんです。

ここからはその辺りを見ていきましょう。

酸化ガリウムが使用されるとどうなるか

これまで同じ用途で使われていたのが、
シリコンとなっていますが、

これに限界がきたとされていたらしいです。

そして今回の酸化ガリウム。

このシリコンより理論値的には、
3000分の1のエネルギー損失になる。
 →(パワー半導体にすると、1000分の1

さらに加工がシリコンと同程度のコストでできる

 
こうなると単純に考えてみてください。

どちらを使用するかは明白ですよね。
そして初めに言いましたが、

一気に販売まで繋げています。

これにより現在問題になっている、

電気自動車の走行距離が伸びる

 
色んな分野で電気自動車の走行距離が伸びてますが、
だんだん普通に電気自動車が使われる日も、

近くなってるのかもしれませんね。

  電気自動車の進化

まとめ:”タムラ製作所”の将来性
酸化ガリウムパワー半導体とは。

shun's article picture - semiconductor 1
 
なので結論としては、

タムラ製作所には将来性しかない!

 
というのが今の時点の結論ですね。
これよりさらにすごいパワー半導体

これが近い未来出てくることがあれば、
話は変わってくるかもしれませんが、

今後ノベルクリスタルテクノロジーはどうするにしろ、

タムラ製作所に利点はありそうです。
ただ今の時点での株価が割高であるのもわかるし、

短期間の急騰により、
短期筋が集まってることもマイナスでしょう

一度売りが一巡してからは、
株価は上がって下がってすると思われますので、

安いところを少しずつ集める時間もあると思います。

 
材料としては、
1000円は普通に越えて良いと思っているので、
ゆっくり狙っていきましょう。

おわり

スポンサーリンク