【今後の将来性】”ミルボン”が業界NO.1である理由とは【株価の分析】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

まずぼく自身の話になりますが、
美容師の専門学校で美容免許まで取得しています。

その時から、
メーカーなどに少し詳しくなっていくのですが、
そのときに有名だったメーカーがあります。

  • ミルボン
  • シュワルツコフ
  • ウェラ
  • ロレアル

この辺りが有名だったと記憶しています。
その中でも存在感のあった

4919 ミルボン

 
自分自身も好きな企業を深掘りしてみます。
もちろん今後の将来性を含んでのことなので、

株式目線としても分析の意味ありです。
ということで今回の3点!

  • なぜこんなに成長できたのか

  • ミルボンの強気な経営戦略

  • 他の美容会社はどうなのか

スポンサーリンク

 
誰でも知っている企業。
というわけではないですが、
美容の業界では知らぬ人はいません

それぐらいのメーカーであることを頭に置きつつ、
しっかり株目線でも確認してみましょう。

  美容業界そのものの将来性は?

”ミルボン”がなぜこんなに成長したか
株価の今後の将来性はどこにあるか

shun's article picture - wind the hair
 
美容免許を持っているとは言っても、
専門的な知識は10年前で止まっているので、

知り合いに少しインタビューしてみました。

  • どこのメーカーが強く感じるか
  • 自分の店でどのメーカーを使いたいか

このような質問をしたところ、
ほとんどの方から帰ってきた答えが、

ミルボンということでした。

なぜこんなに”ミルボン”に魅力があるのか

最近、”美容師専売品”というものが、
どんどんなくなっていく時代となっています。

  • ECサイトの普及
  • 美容商品の売り上げの低下

出さざるを得なかったとも言えます。
その中で”オージュア”というトリートメントをご存知でしょうか。

ミルボンの出す使用許可試験を受けた人しか扱えない。

 
プレミアムなトリートメントとなっています。

絶対に外に出して行ったほうが、
売り上げが上がるにも関わらずに、

わざわざ販売の幅を狭めます

逆にこれが”特別感”を出し、
現在の美容室の風潮とよく合うというわけです。

最近の美容室の風潮

美容師の知り合いに聞いてみると、
安い美容室より、少し高い美容室の方がお客さんが入るそうです。

そんなこともあって、
値段もここ何年かで基準が上がっています。

そうなるとその分高級志向となりますので、
このようなミルボンの商品が好まれます。

逆に少し安めの一般に販売される、

  • 資生堂
  • クラシエ
  • パンテーン

よりも業績を上げる要因となっているようです。

スポンサーリンク

株式投資目線”ミルボン”の今後を分析
株主への対応として将来性は微妙?

shun's article picture - hair make artist
 
ここでは業績分析や投資家目線で見ていきます

コロナ禍においてダメージを受けたように見えますが、
業績はそこまで下げませんでした。

それだけミルボンを普段使いしている人が多い。

 
というのがおそらく理由になり得ると思います。

”ミルボン”の株式優待・配当の話

配当金はここ3年間以外は、
ほぼ増配や株式分割による実質増配により

伸ばしてはいるようです。

しかし株式優待は一時期改悪していたり、
株価・業績が上がっている割には、

そこまで高いという感じではありません

ただこれだけの安定経営にもなると、
売りたい人はほぼいないようで

今後の株価の減少もないように思えます。
外国での営業も成功しているようで、

中国・韓国などのアジアで成功しているようです。

 
ただ、指数としては割安感はなく
何かマイナスの材料が出ることがあれば、

一気に崩れそうな気もしています。

  アフターコロナに向けてはスキンケア含めて要チェックです!

株主への対応は良くない?

IRなどを見ていると感じるのですが、

株主の対応は甘く思えます。

 
株価を分析する上では、
今後のマイナスとなる部分です

業績がいいので株価は下がりにくいですが、

少しのことがあるだけで、
株価がグンと下がることもあるので、
この辺りは要注意ですね。

まとめ:美容業界の将来性は明るい??
”ミルボン”以外の企業の今後の株価も分析

shun's article picture - more hair color
 
最後の方で悪いことも言いましたが、
美容系は変わったジャンルも出てこず、

他の業界からの参戦が難しい業界です。

 
なので、いきなり荒らされることもなく、
人気さえあれば、安定経営は揺るがないと思っています。

この”人気があれば”がかなり大事なのですが、
これが他の企業でよく見えます。

”ミルボン”以外の企業も分析

先ほども言っていますが、

  • 4911 資生堂

一般向けに市販商品を多く出しますが、
巣篭もり需要があるはずも、業績は現在も落としています

あとは、

  • 4917 マンダム(ギャッツビーなど)
  • 9439 エム・エイチ・グループ(モッズヘア)

昔はよく名前を聞いたものですが、
最近は業績もかなり落としていて、

事業縮小していっています。
人気がなくなれば商品すら無くなっていくので、

回復がどんどん難しくなります。

その中で業績を上げている、
4919 ミルボン

これがどれだけすごいのか。

という話でもあります。
ぼく自身ミルボン製品ばかり使っているので、

少し商品紹介して終わりです。
本当に使いやすい商品が多いので、

悩んでる方は試してみてください。
割と安いです。



  普段使いにちょうど良いシャンプー&トリートメント


  柔らかさ、使いやすさ完璧!

おわり

スポンサーリンク