【必見】株式投資には必ず暴落があります。【初心者は危険、、?】

All-Investment Investment Stock investment

こんにちは。shunです。

今日は株式投資は甘い話ばかりじゃない。ということを説明していきます。

暴落を予測しない選択肢はない。

それは当たり前。という話なのですが、
目を背けてしまって、目の先にある利益に囚われてしまう人がほとんどです。

  • コロナショック。
  • 福島の大地震。
  • 去年の大豪雨。
  • 外国の外交関連。

ぼくが株式投資を始めたからでも小さいことから大きいこと。
覚えてるだけでもこれだけありました。

取引をしてると意外に気にしないものです。

shun's article picture - monkey

先に完全な予測はできません。

じゃあどうするの?とよく質問を受けます。

いつでも負けないポジション取りを意識しましょう。

暴落に備えるというよりは、ちゃんと底で買おうと単純な話です。

これができるようになると、単純に利益を出せるようになります。
チャートを沢山見ましょう!

底で買っておくことで暴落でも痛手も少なく逃げることができます。

逃げるのは早く。

ここまでで暴落がきてもある程度、損失を防げると思います。
しかし、底で買ったからと安心していると、損失が膨らむ恐れがあります。

なので、その銘柄がまだ上がると思っているとしても、

一度売って、再度、底で入る。

これを徹底してください。しっかり銘柄診断した企業ならば、自信はあると思います。

だからこそ取得単価を下げられるチャンスだと。そう考えてください。

プラン形成は間違っていないか。

株式投資をする上で、大体いくらで入って、いくらで売るのか。
すごく重要になるところです。

この辺りは前の記事 【低資金でもOK!】安全に株式投資を攻略する!【初心者の為に】
で少し語っていますので、良かったらどうぞ。

プラン形成の際には、暴落のリスクも計算に入れておくべきです。

自信があるならば、買い増しの手段も取れます。

ただし、ここであえて言わせてください。

買って、売って、逃げる!

 1つの銘柄に固執しすぎるのは、特に少額の方にはおすすめしません。

とりあえず一旦逃げましょう。
因みにぼくはこれが出来なくて、約100万の損失を出しました。

このパターンが初心者が損を出すと言われる一番の理由だと言われています

それぐらいならば逃げてしまいましょう。

    100万の損失よりは10万の損失にして、
    その資金で20万利益を出そうという単純な話です。
スポンサーリンク

実際の話。

実際これができるかというと、初めのうちは抵抗しかありません。

ただ、これを覚えてしまうと株投資で利益を出しやすくなります。

安易に損切りをすべきではないという話も聞きますが、
下がる予想は案外簡単にできるものです。

ああ。これは下がっていくだろうなあ。と下降チャートを眺めただけの人もいるはずです。

そこを直せるだけで初心者から中級者まで、レベルアップ可能です。

情報には踊らなさられないように。

ブログを書くたびに残しているのですが、
本当にSNS等は信用しない方がいいです。

ぼく自身が失敗した話になるのですが、
某有名投資家の方がこの銘柄はいくらまで上がるよ。
だからそれ以下は全部仕込みどころ。

と発信されていたので、それに従って調べもせずに買いました。

その結果4連ぐらいのストップ安。

ぼくの株生活一番の損失を出しました。

挙句の果てに、その方はその銘柄の記事を全て削除しました。

ぼくとしてはいい勉強になったとも思うのですが、
皆さんには味わって欲しくないので、こうして発信しています。

ただ、全てが悪い訳ではありません。

ぼくは今でもその方のSNSはフォローさせていただいていて、
参考にはさせてもらっています。

ああいう方は情報を出す仕事なので、発信源としてはすごい力を発揮します。

なので、今どういう銘柄が個人投資家に人気か。という指標にすると良いでしょう。

スポンサーリンク