【安くなる方法】”カラオケ”の年末料金には要注意【梅田・難波の安い店】

All-Life Life Music Social Issues

 

こんばんは。shunです。

このコロナ禍にて、
年末の忘年会シーズンが潰れてきていますが、
今年は久しぶりに忘年会に人が集まりそうです。

そんな中で必ずと言っていいほどに利用される”カラオケ”

新型コロナ禍では危険視され、
売上げをかなり落としたこの業界なんですが、

元々売上の半分以上を12月で稼ぐで言われておりました。

今回はぼくがカラオケ店で働いていた、
”大阪”という地域と焦点を合わせて

  • カラオケの年末料金が高い理由とは
  • どの程度店は混んでくるのか
  • 年末安くカラオケできる方法とは
スポンサーリンク

今年もまだ人が集まることに恐怖を感じるでしょうが、
忘年会が行われるところはあるでしょう。

幹事の方は特に知っておきましょう。

”カラオケ”の年末料金が高い理由とは
混み方といつから値段が変わるか

shun's article picture - karaoke room to microphone
 
初めに言いましたが、
カラオケ業界の売り上げの良し悪しは、
全てこの年末年始に関わってきます

そのためどこの店も”ぼったくり”のような金額をとるのですが、

なぜそのような強気な設定ができるのでしょう。

混み方はいつ。どの程度のものとなるか

これは特に大阪エリア(梅田、ミナミ)の話になりますが、

新型コロナが蔓延するまでは、

  • 12月最終週(クリスマスと31日を除く
  • 最終週の1つ前の金曜と土曜

この辺りはどこもすごい賑わいとなります。

ここからは少し裏側の話となるのですが、
部屋は空いていても2名の客に関しては、

部屋単価が悪くなるので、
あまり取らないようにしていることが多いです。

もし取ったとしても条件付きて、
少し高めの値段を払うことになったり
フリータイムで入れなかったりします

居酒屋などに関しても、
この忘年会のシーズンに関しては、

4名以上で動くようにした方がいいでしょう。

 
因みにカラオケの料金の値上がりのタイミングは、

11月最後の週ぐらいからです。

 
まだ混んではいませんが、
料金は通常よりは高いです。

気をつけておきましょう。

なぜ”カラオケ”はそんな値段となるのか

もちろんお客さんが多いから。

これが絶対的条件なのですが、
忘年会シーズンはお金を使う。

という昔からの”当たり前”があります。

高くても文句が言われない状況から、
こぞって値段を上げるという間違った文化です。

そして売上げを取るべきシーズンだから。

というのも中間管理職からすると大変で、
料金を取らざるを得ません。

今年は特にその必要が多いので、
繁華街の店は少し怖さを感じますね。

価格のおおよその平均値は

正直年によって、
少しバラつきが出たりはするのですが、

一番のハイシーズンでは、
30分当たり1000円越えは当たり前です。

最後の週にもなりますと、
2時間で5000円近くはかかることは、
覚悟しておきましょう。(アルコール飲み放題付き

因みにどこの店もドリンクバーだけのプランを、
撤廃する場合が多いです。

カラオケしたい方は、
早めの平日に済ませておくのが正しいかもしれません。

スポンサーリンク

年末料金が高い”カラオケ”
安い店とできるだけ安くなる方法を紹介

shun's article picture - karaoke board
 
それでも出来るだけ安くなる方法はあります。

これには条件がありますので、
もしいく予定があるならきっちり確認してください。

割と知らずに行って、
絶望するパターンが多く見受けられます。

お金なんていくらでもある方はいいですが、
出来るだけ節約することは大切なことです

出来るだけ安くする方法

一番いい方法は、

事前に予約を取る方法です。

 
カラオケはいつ行くかわからないから、
予約は取りづらいとは思うのですが、

どのカラオケ店も、
食事付きで実は安いプランが用意されています。

ビッグエコー
  選べるお得なパーティーコース

コートダジュール下の方
  フード・コース(下の方のパーティーコース)

ジャンカラ
  おそらく実施なし(今後あれば更新します)

まねきねこ
  おそらく実施なし(今後あれば更新します)

カラオケ館
  おそらく実施なし(今後あれば更新します)

年末での予約は基本的に、
電話をすることを強いられますので、
実際にこのプランを実施するかは確認できていませんが、

もし実施するのなら、
直接行くよりは絶対安くなります。

店前での割引を利用する

年末年始は書き入れ時でありまして、
売上高を最大とするために、

店前にて声出しをしている可能性があります

カラオケ店が固まっている地域ですと、
全ての客が我が店に来て欲しい!

という状態で店前に待ち構えています。

ただし問題は全員にというわけではなく、
最低でも8名以上にテンションが上がる

という状況にあると思います。
あまり高圧的な態度で安くしてもらおうとすると

店側も人間なので、
割引を拒否される可能性もあります。

下手に出ることも忘れずにいましょう。

安い”カラオケ”店はあるか

ぼく自身働いていた時に周りのリサーチをするんですが、
毎年安いとされる店はやはり同じなんです

なので今年も同じように推移すると思いますので、
紹介させていただきます。

  • 梅田エリア
  • ラウンドワン
  • カラオケブギ
  • 心斎橋・難波エリア
  • ラウンドワン
  • まねきねこ

心斎橋・難波エリアに関しては、
梅田エリアよりリサーチが甘いですが、

ミナミエリアであと気になるのは、

  • カラオケ館
  • JOYJOY
  • JOYSOUND
  • カラオケレインボー

逆に考えてみると、
これだけの店舗が乱立すれば、
おそらくそんなには高くならないと思います。

梅田エリアカラオケ店の種類が少ないので、
その分高くなる傾向にあるようです。

それ以外の有名なカラオケ店は、
例年高くなる傾向にある。
とみていていいと思います。

まとめ:”カラオケ”の年末料金は要注意
できるだけ安くなる方法を考えておこう

shun's article picture - many mikes
 
年末料金が高いカラオケ店の具体的な名前はもう、
察してください(笑)

あまり言ってしまって、
営業の邪魔をしたいわけではないのですが、
店員をやっていた時代から、

たまに何も知らない人が来て、
とんでもない会計にビックリする光景を、
これまで何度も見てきました。

そんな方への注意喚起となります。

特に普段安くして、
名前を売っているカラオケ店は、
年末のためにネームバリューを上げていると言ってもいいので、

割と注意が必要です。

一番いいのは、
この時期にカラオケを行かないことなんですが、
どうしても行きたい時は、

料理付きの3時間カラオケ

みたいなコースをやっているので、

夜なら居酒屋とまとめてみるか、
昼間いくことをオススメします。

  せっかくいくなら上手いカラオケを目指しましょう。

おわり

スポンサーリンク