【高得点を取る】”カラオケ”の採点を攻略する方法【点数を上げるコツ】

All-Life Life Music

 

こんばんは。shunです。

いきなりですが、

ぼくの一番の趣味は”カラオケ”です。

歌自体はボーカルをやっていたこともあるので、
ある程度の実力はあると思っていますが、

カラオケの採点って、
普通に歌っててもなんか伸びない。

こんな方はいないでしょうか。
ぼく自身結構悩んでいたときがあって、

結果一周回って、
ずっと気にしないようにしてましたが、

せっかくだし高得点を狙いたい!

そう感じるようになって2ヶ月間ぐらい、

点数を取るためだけに研究し、
結果、平均的に90点取れるようになりました

shun's article picture -  sayonaraelezy

  一応こんな感じです。

今日分析するのは、
ジョイサウンドの精密採点マスター。

となります。
今回の流れは、

  • 歌いやすい曲(男)
  • 採点をする前に(音量編)
  • 高得点を取るために気にすべきこと

この3点を話していきます。
今はカラオケに行けなくなっていますが、

今のうちに曲を覚えて楽しみにしましょう!!

”カラオケ”の採点で点数を上げるコツ
高得点を取るためにはまず下準備

shun's article picture - sing song doll girl
 
点数を上げるために、

実はしとくといいことがあります。

まず”音量バランス”が大事です。

 

  • 適切な音量バランス
  • なぜその音量バランスがいいか
  • ついでに点数の取りやすい曲

その辺りを説明していきます。

点数取るための音量バランス

この間、当ブログにて、
カラオケがうまく聴こえる音量バランス。

を記事にさせていただきましたが、
今回は全然違うものとなります。

  カラオケがうまく聴こえる設定方法はこちら

この記事では、
歌いやすい設定。と紹介してますが、

点数が出る設定にすると、
あまり歌いやすいものとは言えなくなります

その設定が、

  • ミュージックは小さく
  • エコーをほとんど切って

これが全てとなります。
理由としては、

  • ミュージックが大きいとマイクに入る
  • エコーで”安定性”がブレてしまう

また声を張りすぎると、
カラオケの弱いスピーカーだと、

音圧によりマイクが入らなかったりするので、
声をあまり大きくせず、

自分が安定して出せる声量で、
Aメロ・Bメロをしっかり歌い上げ、

サビで少し大きく歌い
抑揚を稼ぐぐらいが一番適切となります。

あとのコツは次の項目にて説明します。

カラオケで点数とりやすい曲

正直人によって、
音域が違うとは思いますので、

一般的に考えた簡単な曲を説明します。

傾向として、俳優さんのような
歌のプロじゃない人に提供されている曲は、

音域を狭く設定されていて、
歌いやすいと思います。

さよならエレジー / 菅田将暉
最高音は少し高いものの、
ちょうどいいところなので、
抑揚を自然に入りやすく、
点数が取りやすい曲
パプリカ / 米津玄師
あの”パプリカ”の米津玄師のセルフカバー。
元が子供向けに作られている曲なので、
音程は合わせやすく、歌いやすい。
海の声 / 桐谷健太
冒頭さえきれいに入れれば、
高得点が取れるイメージ。
力抜いて歌うぐらいがちょうど良い。
灰色と青(+菅田将暉) / 米津玄師
この曲も点数がでやすいとは思いますが、
菅田将暉さんパートと米津玄師さんパートで、
微妙にフレーズが違うかったりしますので、
そこの修正が大事になります。

またカラオケ行けるようになったら、
少しずつ更新していきます。

スポンサーリンク

”カラオケ”の採点でのコツは”正確さ”
高得点を出す方法は”クセ”をなくす

shun's article picture - sing song dark
 
ここからは81〜84点で止まる人が、

少しのコツで90点まで押し上げる。

そんな裏技を説明していきます。

一番大事なのは”音程”

点数のほとんどを占めているのは、

やはり”音程”です。

 
ここで1つ、
見落としがちなところがあるんですが、

音程はリズムにしっかり当てる

 
例えばなんですけど、

Janne Da Ark / 月光花

この曲を採点してみると、
サビで音程がかなりズレたりします。

これはボーカルのyasuさんのように、
しゃくりを使って、段々音程を合わせる方法にすると、

しゃくりとして技術点は入るものの
クセを読み取ってくれないので、

音程としての点数は下がってしまいます。
点数を取りたいのなら、

一音一音しっかり言葉に当てていきましょう。

 

点数を取ろうとすると
不足しがちな”ロングトーン”

まずこのロングトーンが何かというと、

同じ音程を長く発声できているか

 
カラオケで点数を取ろうとすると、
力が入ってしまって、

最後で力尽きてしまいます。

こうなってしまうと、
ロングトーンの項目は低い点数になりがちなので、

力をいれず、
長くのびやかな発声法を心がけてみましょう

ロングトーンができれば自然にできる”安定性”

ほとんどロングトーンと言ってることは一緒で、

一音一音安定して出せているか。

 
ということとなります。
つまりどういうことかというと、

息が続かず歌の途中でも、
ピッチがブレてしまうことがあります。
  ( 半音までいかない微妙な音の落ち )

これを音程バーで確認すると、
一応合っていると表示されると思います。

しかし、

この細かいズレが”安定感”を落とす原因となります。

 
ロングトーンの意識づけができていれば
問題ないと思いますので、

しっかり息の吸い方を覚えて、
のびやかに歌ってみましょう。

テクニックの面は最後で

一番点数に関係ないですが、
点数を落としやすい理由もここにあって、

ビブラートをなれてない人が出すものは、
やはり安定性に欠けてしまいます。

この結果ブレだと判定され
音程・安定性・ロングトーン

全てを落とす原因となります。

 
きれいなビブラートを出すには、
練習が必要となりますし、

しっかりとした発声法から出るものです。

そのようなことから、
テクニックは後でいいという結論です。
加点も5点分であり、

普通に歌っていても、
勝手に点数が入ることもよくあるので、

意識せずに行きましょう。

まとめ:”カラオケ”の採点で点数を上げる
簡単に高得点を取れる方法

shun's article picture - video tape
 
ぼく自身2ヶ月間、週1でカラオケに通い、
採点の研究をしましたが、

結果として85点ぐらいだった点数が、

90点は出るように改善されました。

結論自分の問題としては、

  • クセが強かったこと
  • 音量バランスが悪かったこと
  • ロングトーンを意識しなかったこと

この辺りだったと思います。
結構カラオケだとマネして歌ったりして、

クセをだすことにより、
点数が出ないことだと思いますので、

少し意識するだけで変わります。

 
そして、一番大事なことは、

音程を一音一音当てることですので、
一度試してみてください。

早くカラオケ行きたいですね。

おわり

  カラオケ業界は大丈夫か。投資編

スポンサーリンク