【しっかり分析】大統領選後の日本株の動向を考察【NYダウも】

All-Investment Investment Stock investment

こんにちは。shunです。

先週はマザーズが続落したりと色々動きがありました。

しかし、依然として投資を渋ってるような動きも見受けられます。

それが解消されるとされるのが

アメリカ大統領選後の相場になります。

それではどっちに動くのか候補者と共に見ていきましょう。

アメリカ大統領選の候補者

shun's article picture - america President
 
今更ながらどんな人が立候補されてるのか見ていきます。

  • ドナルド・トランプ氏(現大統領)
  • ジョー・バイデン氏(前副大統領)

双方の政策は以下のサイトで詳しく説明されています。
  NHK:アメリカ大統領選挙2020

これを見ながら、日本株に与える影響を見ていきましょう。

アメリカ大統領選の日程

その前に一応Xデーの確認ですね。

本選挙は11/3

この日の付近で日本株価も動く可能性があります。
それまでにきちんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

候補者 ドナルド・トランプ氏 日本株に与える影響

shun's article picture - donald tranp
 
基本この方は強気政策が見られます。

  1. アメリカを強くする
  2. 他国に高関税を課す
  3. 減税を盛り込んで、国内の景気回復に注力

ざっと見た感じではありますが、

とにかく強いアメリカを!

それを基準に盛り込んだ政策が、多く見受けられます。

アメリカが強くあるために、
他の国には苦渋をもらわなければいけない。

そのように言ってるようも感じます。

じゃあトランプ氏になると日本株は下がるの?

そういうわけではないでしょう。

その他の政策で減税対策なども折り込んでいますので、
国内のお金の周りは良くなるので、

NYダウは上昇する

そうなると、日本株も上昇する。
そういう流れはありますので、押さえておきましょう。

候補者 ジョー・バイデン氏 が日本株に与える影響

shun's article picture - obama & baiden
 
トランプ氏と比べるという感じですが、

少し弱気なのかなと思う政策が多く見られます。

  1. 保険制度の提唱
  2. 関税の上昇はかかげないものの、国内内需を高める
  3. 増税思考(法人税:富裕層に向けて)
  4. とにかく助成金などで国民を助ける施策中心

大統領が変わるということで、
整理の気持ちが強い施策が多い印象です。

少し弱気な施策ですが、
トランプ氏の対抗策となるとこのようになるのでしょう。
ここは仕方ないことですね。

バイデン氏は日本株に関係してくるか

内政に関する施策が中心なので、
あまり株価に与える影響はなさそうですが、

弱気な施策がNYダウに悪い影響を与える

可能性はないとは言えません。

この増税は富裕層に込めたものなので、
特に株式は影響を受けるでしょう。

しかし、バイデン氏優勢な状況で
徐々に下がり相場にある今、

逆に上がるんではないかという見立てもあります。

色々分析してみましたが、、
両方の可能性が感じ取られ、

バイデン氏の場合はその振り幅が小さくなる

そういう予想です。

総評 大統領選の株価の動き

shun's article picture - container
 
何かしらの動きは間違い無いです。

売買代金自体は増えるでしょうから、

利益を出せる瞬間は逃さないようにしましょう。

各候補者の就任した後のNYダウの予想

トランプ氏

基本的には上昇しそうだとおもわれます。
しかし、運輸業など銘柄によっては減少も見られますので、
銘柄選びは慎重に。
逆張りには要注意なので、数日の間は下げからの上げの可能性も。

バイデン氏

堅調な動きになると思われます。
少し下降気味の動きになってもおかしくないと思いますが、
内需の安定はあるかもしれないので、
少しずつ戻っていくでしょう。

これに反応するように、日本株も戻っていくという予想になります。

まとめ:アメリカ大統領選による日本株の動き

shun's article picture - staircase
 
今は金あまり相場と言われるぐらい動きがない相場です。

全てはこの大統領選に集約される気はします。

なので、今は資金を残す動きをしておきましょう。

前回の記事より動きが不透明すぎて、マザーズ暴落などもありましたので、
今は警戒が必要です。

  因みに記事はこちら。

それでは大統領選挙皆さんもチェックしていきましょう。

おわり

スポンサーリンク