【重要!株知識】”MACD”と”パラボリック”設定の仕方と見方【楽天iSPEED】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。
今日は株のデイトレードでは重宝される、

テクニカル分析の話をしていきます。

前出した記事では、
とりあえず格言だけ押さえておこう

という話をしましたが、
今回はその格言の根拠となる。

しっかりした要素を勉強していきたいと思います。

特にぼく自身重要だと思っている、

”MACD”と”パラボリック”

この辺りの説明をしていこうと思います。
今回は楽天証券のアプリでは出ないようなので、

Webのチャートの、

shun's article picture - chart sample
 
shun's article picture - chart technical analysis
 

こちらより設定いただけると幸いです。
各証券会社あると思います。

 格言からテクニカル分析を体験しよう

”MACD”の見方と設定方法
楽天証券のiSPEEDアプリで説明

shun's article picture - chart up and down
 
こちらは簡単なテクニカル分析の項目です。

テクニカル分析というのは、
考え方こそ難しかったりしますが、

それをアプリなどにて、
簡単に図解してくれています。

上にいくか、下にいくかを分析するだけなので、
簡単にサッと覚えてしまいましょう。

”MACD”は2本の線を見るだけ

まずMACDの設定方法ですが、

  1. 銘柄のチャートを開きます。
  2. 設定を押します。
  3. オシレーターを開きます。
  4. MACDを選びます。

shun's article picture - technical stock chart
 
shun's article picture - technical stock analysis
 

これだけです。
そうすると下に表示されます。

それではこちらをご覧ください。

shun's article picture - macd analysis
 
この濃いほうの緑の線がもう1本の線を越すと、
上昇しやすい状態だというのがこの見方です。

逆になるともちろん売りが強くなります
そして交わったところが売買のポイントです。

この2本の線が離れれば離れるほど
買い、売りの力が強くなります。

ここで疑問点が出ますよね?

後付けじゃない??

その疑問もよーくわかります。

しかし一番大事なのはこの離れた距離です。

材料や仕手株の暴落にはついていけない場合がありますが、

離れればすぐ下がることは少なく
デイトレなどのタイミングを図る指標にはなります。

特に売買タイミング苦手な人は、
おまじないにもなりますので、

1つの狙い目にしてみましょう。

スポンサーリンク

”パラボリック”の見方と設定方法
楽天証券Webので説明(iSPEEDはおそらくなし)

shun's article picture - technical analysis lends
 
それでは今度は”パラボリック”というものです。
こちらも計算式などあるのですが、

それを自動でチャートに表示してくれます

先ほどよりわかりやすいと思います。
これに頼りきるのは良くないですが、

自分の銘柄が弱い動きとなってないか。
しっかり確認できますので、

覚えておきましょう。

”パラボリック”は陽転するか、陰転するか

まずはこちらも設定方法から見ていきましょう。(PC版

  1. Webにログイン
  2. 銘柄の画面を開く
  3. チャートの下にある”大きなチャートを見る”を開く
  4. 画面中央辺り、テクニカルチャートを開く
  5. 設定画面より”パラボリック”を選択

shun's article picture - chart sample
 
shun's article picture - chart technical analysis
 

スマホサイトよりは行えませんので、
PCサイトに移動して行ってください。

設定が完了するとこのように表示されます。

shun's article picture - chart technical sample
 
これも簡単なもので、
この点々が、

  • 下に入っているうちは買い
  • 上に上がれば売り

そして下に入った瞬間を陽転
上にいった瞬間を陰転と言いますので、

この用語はしっかり覚えておきましょう。
パラボリックに関してはこれが全てです。

  • 陽転しそうな瞬間を狙って、買いを入れ、
  • 陽転しなければ損切り。

それぐらいの感じで取引していると、
勝てる瞬間はやってきます。

逆も同じ原理で陰点を狙っていきましょう。

これもおまじないだと思って、

信じすぎないように知っておきましょう!!

 
  このような考え方も大事です。

まとめ:”MACD”と”パラボリック”
楽天証券を使った設定方法と見方(iSPEED)

shun's article picture - SEO analytics
 
今日は珍しくテクニカル分析を説明しました。

珍しくの理由として、途中でも書きましたが、
少し後付け感もあって、

完全にこれだけやろうと思ってしまうと、
負けてしまうことがあり、

信じすぎたときは大体負けます。
なのでぼく自身おまじない程度で、

迷ったときに使うようにしています。
自分の信じた銘柄なら下がってもまたすぐ上がってくる。

ぐらいの気概はあります。
しかし株式投資をやっていると、

自分の気持ちが安定しない時がやってきます。

 
そのときに委ねてみるには十分な指標です。
どれを信じるかは人それぞれだと思いますが、

この2種類は見やすくわかりやすいので説明しました。

また機会があれば少しずつ説明していきます。

おわり

スポンサーリンク