【将来性分析】”テリロジー”の株価が上がらない理由【セキュリティ】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

結構昔から3356”テリロジー”

は注目してた銘柄になります。
昨日の記事でも少し分析をしましたが、
将来性は割と感じられますも、

なぜか株価が大きく上がりません。

 
なので自分自身も投資に踏み切れず、
迷っているところです。

やはりそこには株価が上がらない理由があり、
投資家心理も関わっていると思います。

そんな部分を分析するとともに、
他のサイバーセキュリティ銘柄も選定してみましょう。

ということで今回の3点!

  • テリロジーの将来性を分析

  • テリロジーの株価が上がらない理由

  • サイバーセキュリティ関連株銘柄

スポンサーリンク

 

2022年 更新 >

ロシアもハッキングされたり、
日本の企業もハッキング被害を受けています

そんな中で再度注目される銘柄でしょう。

一旦また忘れられると思いますが、
大手企業の情報が抜かれるということは、

かなりな事態だと思いますので、
より一層セキュリティ強化が必要でしょう。

今後も業績を上げていくと思われます。

  昨日の記事はこちら

サイバーセキュリティ関連の将来性とは
”テリロジー”の株価が上がらない理由を分析

shun's article picture - cyber security smartphone
 
今年に入ってからも、
かなりの大きい材料を出した”テリロジー

  • 警察庁のセキュリティ案件の大型受注
  • NTT東日本と連携して「みえる翻訳」を提供開始
  • DX認定事業者の認定を取得

今年のこの3ヶ月の間にこれだけあります。
これだけ聞くと、

株価はどれほど上がったんだ

と感じると思います。

1月から150円ほどです。
正直これぐらいの材料があれば、

もっと上がっていてもおかしくない
考えてみましょう。

全て情報を整理してみる

まず数値から見ていくと、

  • PER 28倍, PBR 4.4倍
  • 時価総額100億

ここはちょっと問題ですね。
割安という数字はなく、

更に発行枚数が結構多いです。
そこが投資家心理的に考えると、
値が動きにくいので、

嫌気されるのかもしれません。

あと気になったのは、
ROE自己資本利益率)が、

最近の指数で減少傾向にあります。

それでもまだ10%は超えているので、
許容範囲内ですが、
今後の心配はこのあたりですかね。

ROA(総資産利益率)も同様です。
こちらも5%超えているので、

いい水準は保っているといった感じです。
これが続くと下落もあるかもですね・・。

”テリロジー”にまつわるニュース

調べていた時に見つけたんですが、

ツイートで相場操縦 10億円荒稼ぎした謎の相場師「トンピン」山田亨容疑者の素顔

この方がテリロジーにも入っていたそうですね。
そして大量報告までしてましたが、

新型コロナにより損失を出し全て売却

 
そのときに損失が出した人がまだ残ってるので、

周りも手をつけづらい状況でしょうか。

そのときに一度、
2000円ほどまで株価を上げているので、

今後はここがネックとなりそうです。

チャートから見る”テリロジー”

600円ぐらいのところに「壁」
が見えてきましたね。

何回かこの辺りで跳ね返されてるようです。

大きく見て640円ぐらいすぎると、
どんどん上に登っていきそうです。

スポンサーリンク

”テリロジー”以外の企業の将来性とは
サイバーセキュリティ関連株銘柄を分析

shun's article picture - data laser
 
ってことでここまでは、

テリロジーだけの情報を押さえましたが、
ここまで押さえていたのとは別に、

サイバーセキュリティ”のテーマが熱いです。
そのような事件が頻繁にありましたからね。

他の株銘柄を確認してみましょう。

サイバーセキュリティ銘柄

【3692】FFRIセキュリティ
もう今やセキュリティが国策となってますが、
その名の通り、国策の案件が多いようです。
今もデジタル庁の件で今後も、
業績の伸びが期待できるそうなので、
何かもう1つあれば爆発しそうな銘柄です。
【6199】セラク
どちらといえばDX関連が強い銘柄ですが、
業績の増収もあり、セキュリティも扱っているので、
今にぴったりな銘柄ではないでしょうか。
そして最近の「NTTデータと共同でのDX事業」
これでもう株価は上がっていますが、
ここからが楽しみな銘柄の1つ。

まとめ:”テリロジー”の株価が上がらない理由
サイバーセキュリティ関連株に将来性を感じるわけ

shun's article picture - puzzle hand
 
まあ全部ひっくるめると、

テリロジーは様子見ですね。

 

  • 550円ぐらいまで下がるか
  • 650円ぐらいを超えていく展開

にまで株価が推移すれば、

そこから動き出しそうですが、
今の状態だと突如崩れることもありそうです。

しかし後半のテーマの通り、
次の旬テーマは”サイバーセキュリティ”
が候補に上がってきました。

この波に乗っていけるかが鍵となりそうですが、
一時的な急騰はこういう銘柄にとっては・・

上で捕まっている人が多ければ多いほど、
テーマ株の上昇は少し怖いところがあります。

”テリロジー”に対するいい展望

テリロジーの「みえる翻訳は、
また新型コロナが終わった世界線で、

もっと伸びることを期待してますので、
そこを見越して今が安いと思うのか、

ここが限界や!と思うのか、

この辺りを考えることが重要でしょうか。

特需もありますので、
ある程度の業績は下げるでしょうが、

その後も見ていける企業であることは、
間違いないと思われます。

おわり

スポンサーリンク