【高配当が続く】”第一興商”がコロナの影響も余裕がある理由【株式投資】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。
依然としてカラオケ業界は厳しい状態だと思います。

しかし業界が厳しくなっても、
ビッグエコー運営の”第一興商”は減配もせず
強い動きを保っています。

カラオケ店舗数も500を超えて、
かなりダメージは多かったはずですが、

元から飲食事業はサブでしかなかった

ここに”第一興商”の強さがありました。

 
詳しく見ていきましょう。

  カラオケ業界全体の話は以下より

コロナで大打撃のカラオケ業界
”第一興商”への影響と株価

shun's article picture - condenser microphone
 
まずそもそもの話ですが、
”ビッグエコー”知らない方への説明ですが、

一等地にある少し高いカラオケ

 
このイメージです。まあ高いというより、
安いカラオケの出現により、

実質的に高いカラオケに押し上げられた

こう言うのが正しいと思います。

”第一興商”がコロナで受けた打撃

カラオケ業界自身、
新型コロナの蔓延により悪者にされ、

店舗の営業すらさせてもらえなくなりました。

 
これにより当たり前に赤字となりました。
元々のぼくのイメージもありますが、

ビッグエコーが流行ってる印象はない。

それが元々の考えとしてあるんですよね。
安い業態”メガビッグ”を打ち出したり、

それでも色んな業種が減配してる中で、
全くせずに耐えています。

株価も復活の兆し?

新型コロナ収束に向けてと言うことでしょうが
どんどん戻っています。

  • 大幅の赤字を出さなかったこと
  • 後半で取り上げる大きな原因
  • 減配をしなかった

この辺りも大きな影響にはなっています。
そしてここからはついに、

なぜそこまで自信たっぷりなのか。

 
という全ての理由と思う理由を、
説明していこうと思います。

スポンサーリンク

”第一興商”が高配当を続けれる理由
コロナの影響も戻る株価

shun's article picture - building
 
さてこの”第一興商”という会社。
前半ではビッグエコーの話をしましたが、

何よりも強いところが、

カラオケDAMのシステムの販売・リース

 
これが本当の力です。
コロナ禍の前の売り上げ比率を見てみても、

店舗売り上げより多いのです。
日本で店舗数2位のビッグエコーを運営しながら

日本で1番のカラオケシステムを扱う

見るからに最強ですね。

コロナ禍で落とした売り上げは

もちろん上でも書いた通り、
店舗の売り上げはどんっと落としています

その中でも、リース料金は値引きをして、
顧客を減らさないことを考える、

流石の態勢を出しました。

それでも十分な固定費によって、
赤字を少なくした。というカラクリでした。

カラオケ業界は第一興商が大丈夫な限りは、
問題なく動いていきますね。

まとめ:”第一興商”の株価が推重に?
影響はあるも高配当が続く理由

shun's article picture - newspapers
 
カラオケいくつ記事にするんだ、
と思うかもしれませんが、

それだけカラオケが好きなのです!

また緊急事態も延長となりまして、
カラオケはまだ継続で休業となります

まだまだカラオケできない状況は続きます。

高配当を続けてくれる限り

第一興商の株価も堅く保ちそうですし、
他も善戦していただきたいものです。

  • 2157 コシダカホールディングス(まねきねこ
  • 8214 AOKIホールディングス(コートダジュール

カラオケを運営してて、
大きい企業はこの辺りですが、

数字はかなり怪しくなっています。

変に値上げとかされても辛いので、
なんとか耐えてもらうことを期待してます。

  AOKIホールディングスの情報はこちら

おわり

スポンサーリンク