《中長期投資》”ストック型ビジネス”が株銘柄を選ぶ基準に《選び方》

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

株式投資で銘柄を選ぶとき、
人それぞれ基準があると思います。

特に中長期で投資をする方には、
何か投資をするための明確な決まりを設けると思います

その中で最近有名投資家の方々が大事にする項目、

”ストック型ビジネス”に関して扱います。

今のサブスクなどもそうなのですが、
契約者が増えればそれがそのまま収益となり、
解約が多く出ない限りは収益を落とさない経営スタイルです。

  • ストック型ビジネスの強み

  • なぜ株銘柄を選ぶ基準となり得るのか

  • どのような株銘柄があるか

スポンサーリンク

やはり中長期投資を考える上で、
企業の安定性は必要不可欠となります。

その上でもストック型ビジネスは大事ですので、
しっかり押さえておきましょう。

”ストック型ビジネス”の強みとは
株銘柄(中長期)の選び方の基準となる理由とは


 
やはり先程も言った通り、
より良い商品を作れば契約者が増えていき、

月会費や年での契約料などで、
決まった収入を得ることができます。

ちょっと他の国はわかりませんが、
日本人は一回契約すると中々解約しません

そんな性格も相まってこのような形態をとると、
中々業績が下がらない傾向にあります。

”ストック型ビジネス”が株の選び方の基準

中長期投資の銘柄で考える上で、
企業が急成長することももちろん考えますが、

急成長してしまうと、株価も急騰します

 
一回注目が集まった株銘柄というものは、
その上がった株価が天井となりがちです。

その後業績が安定的に上昇していても、
そこに壁ができてしまい、株価の上昇を妨げてしまいます

中長期投資には緩やかな上昇が必要です。

その点で”ストック型ビジネス”は優秀でして、
緩やかな成長を続けることが多いです。

また配当性向が高いと、
株主への還元も良いということになるので、
少なくとも売られる理由がなくなり、

中長期投資にも向いていきますので、
その辺りも併せてみていきましょう。

注意点が少ない

大体株式投資を行う上で注意点が多いのですが、
割と少なめなのがこの銘柄です。

めんどくさい点としては、

  • 銘柄が探しにくいこと
  • 業績が低調した際に取り戻しにくいこと
  • 大きい契約が破棄されると一気に株価が落ちる

このような点は考えられるのですが、
銘柄が探しにくいこと以外は、
そうそう起きることではないです。

銘柄が探しにくい点

株式テーマにまだ、

”ストック型ビジネス”というジャンルはありません。

 
なので他で銘柄を探す過程で、
ストック型ビジネスが多くを占めていたら選ぶ基準にする

という考え方が自然かなと思います。

そんな注意点を考えながら、
探し方をしっかりみていきましょう。

”ストック型ビジネス”のおすすめ株関連銘柄
中長期投資での銘柄の選び方とは

shun's article picture - puzzle create to blue doll
 
何が重要かなと考えたときに。

  • 確実に毎年利益をあげている
  • 株主への還元をおこなっている
  • 自己資本も安定性を示す40%以上は持っている

ぐらいのものでしょうか。
この辺りをスクリーニングで検索し、

もしストック型ビジネスが、
売り上げの50%以上占めていたら。
と考えるとわかりやすいかもしれません。

  自己資本比率の考え方はこちら

”ストック型ビジネス”の株関連銘柄

【7199】プレミアグループ
弐億貯男さんの銘柄としても有名ですが、
中古車のカーリースを分割支払いでするサービス。
と言った感じでしょうか。
車検や点検など全てを一社でまかなうので、
消費者は安くなり、企業にしてもwin-winでしょう。
修理保証のストックビジネスもありますので、
しっかりと業績を積み上げることができます。
【6544】ジャパンエレベーターサービスHLDGS
エレベーターの保守・保全・リニューアルの企業。
ストック型ビジネスの強みで、
しっかり業績は積み上げています。
配当もしっかり出ていますので、
安くなればなるほど買いたい1株。
ただ急騰する銘柄ではないので、
全体の暴落には要注意。
【4391】ロジザード
ITと物流をつなぐサービスを構成。
在庫情報をクラウドで管理できれば、
人件費の削減などに効果があり、
業務効率もどんどん上がります。
契約数は年々上がっていますので、
今後配当なども出てくることがあれば、
株価もかなり上昇していくものと考えます。

過去暴落が起きた話

4488 AI insideで起きた話なのですが、

AIを利用した企業で、
大きい企業との契約もあったので、
短期間でかなり株価の上昇を見せました

その商品を期間契約をで売っていたのですが、

売上げの大きい部分を占めていた、
NTT西日本の期間契約のほとんどが解約となり、
業績の縮小を余儀なくされました。

その結果株価は大暴落し、
今では最高値の3分の1ほどまで下がりました

もちろん仕手化していたのもありましたが、
とんでもない下落となりました。

まとめ:中長期投資で株銘柄の選び方とは
”ストック型ビジネス”がおすすめとされる理由

shun's article picture - green chart
 
ストック型ビジネスを採用しながら、
業績をあげている銘柄を見てみると、
割と株価が右肩上がりな銘柄が多いですね

それは思惑で株価が上がるというよりかは、

株価が下がる理由がないことからの上昇です。

 
配当もあって、業績が大きく下がる心配がない。

これだけで十分というほどに、
投資理由が存在していると思います

今やなんでもストック型のビジネスになっています。

物を保有しない。
というこの考えが続く限りは、

どんなジャンルにもビジネスチャンスがあるので、
投資家としては、そこを見つけ出していきましょう。

  学習塾も人気はないですが、ストック型ビジネスです。

おわり

スポンサーリンク