【2021年最新】”値上げ”される商品と株価への影響のまとめ【企業一覧】

All-Life Life Social Issues

 

こんばんは。shunです。

最近各企業が値上げをどんどん発表し、
物価が安い日本が終わる。

なんてニュースも多く見かけるようになりました。

実際に何が”値上げ”されるのか。

 
というのをまとめていこうと思います。
これまでが安かったものが高くなるということは、
家庭には大きく影響を与えます。

  • 値上げされる商品の一覧

  • 日本の株価と経済への影響は

 

スポンサーリンク

新型コロナを転機として、
日本が変わろうとしているようです。

しっかりわかっておきましょう。

2021-2022にかけて”値上げ”される商品一覧

shun's article picture - supermarket goods
 

パン類・ドーナツ等

  • (2212) 山崎製パン2022.1
  • 食パンを9%程度
  • 菓子パンを6.8%程度
  • 非上場敷島製パン(2022.1)
  • 対象商品を4〜14%程度
  • 非上場フジパン(2022.1
  • 食パンを9.7%程度
  • 菓子パンを6.8%程度
  • 4665ダスキン(2022.3
  • グループのミスタードーナツにて、
    一部商品の10円程度

麺類

  • 2001ニップン2021.9)
  • パスタを2.5~4%程度
  • そば製品2.5~6%程度
  • 2897日清食品ホールディングス(2022.2)
  • パスタ関連製品を3〜9%程度
  • 乾麺製品を6%程度

冷凍食品

  • 2802味の素(2022.2)
  • 4〜13%程度
  • 2882日本水産(2022.2)
  • 4〜13%程度
  • 2897日清食品ホールディングス(2022.2)
  • 4〜7%程度
  • 1333マルハニチロ(2022.2)
  • 調理品を2〜10%
  • 農産品を5〜23%

ちくわ・カニカマ

  • 2882日本水産(2022.2)
  • 5〜13%程度

ハム・ソーセージ

  • 2296伊藤ハム米久ホールディングス(2022.3)
  • 4〜12%程度
  • 2282日本ハム(2022.2)
  • 5〜12%程度
  • 2281プリマハム(2022.2)
  • 5〜12%程度

醤油

  • 2801キッコーマン2022.2.16)
  • 4〜10%程度

コーヒー

  • 非上場ネスレ日本2022.1)
  • レギュラー製品の一部で10〜17%
  • カプセルタイプの一部で10%程度

マヨネーズ・ドレッシング

  • 2809キューピー(2021.7)
  • 2〜10%
  • 2802味の素(2022.3)
  • マヨネーズ製品を5〜12%
  • 業務用ドレッシングを4〜12%
  • 業務用サラダ製品を1〜4%

ポテトチップス

  • 2229カルビー(2022.1.31より順次)
  • ポテトチップス製品全般を7〜10%
     →一部容量減らして価格そのまま
  • 2226湖池屋(2022.2)
  • ポテトチップス製品全般を6〜11%

商品の”値上げ”による株価への影響まとめ
2021年から2022年にかけてのラッシュ

shun's article picture - digitalization
 
このように値上げ商品が大量にある中で、
株式投資の世界には影響があるのでしょうか

何か悪いニュースのように報道しますが、
企業からするとただの悪いニュースではなく、

もしそれで利益率が上がるのならば
株価にプラスの可能性もあります。

”値上げ”が株価に影響を与えるのか

ただこの値上げはほとんどが、

原料や製造料が高騰したものになります。

 
なので今後も値上がりがありそうなら、
株価にもマイナスとなりそうです。

しかし案外値上げが、
株価を上げる要因になることが多いので、

あんまり悪く捉える必要はないかと思われます。

  以前”松屋”が値上げした時の考察

まとめ:2021-2022年の商品の”値上げ”まとめ
株価にはそこまで影響は与えない?

shun's article picture - drop vegetables
 
毎日、毎週のように、
値上げが報告される日本になりました

家庭的には大打撃な内容が本当多いです。

しかし企業がそのまま続けて、
業績を落とすよりかは絶対いいです。

しっかりいい商品を作っていれば、
値上げしていても売れると思うので、

利益をしっかり考えた値上げになっているなら
株価にはプラスとなっていきます。

この値上げしたのちの業績が出るまで、
中身は掴みにくいのです。

なのであまりマイナスに考えすぎず、
むしろ同じ商品を値上げしないで扱っている

そのような企業の方が少し怪しく感じます。

もしかしたら値上げしたら売れなくなる可能性がある

そのような商品の方が怖いので、
その線で考えても面白いかもしれません

株式投資目線ではそのように狙っていきましょう。

おわり

スポンサーリンク