《チューナーレス》”テレビ”の番組は必要ないものか《おすすめ使い方》

All-Life Life Social Issues

 

こんにちは。shunです。

皆さんは”テレビ”を見てますでしょうか。

ぼく自身は何か電子機器をつけておかないと、
集中できない癖がありますので、

なんとなくつけていることが多いです。
もちろん気になる番組があればしっかり見たり、
そこからブログの情報を仕入れることもあります

しかしテレビは今や見ないもの
になってきているそうです。

更に現在ドンキホーテより、
NHKの受信料を支払わなくていいテレビ。
が出たことからもそんな流れがあることがわかります。

今回取り上げたいのは少し幅広い3点!

  • テレビは果たして必要なものなのか

  • 見ない方がいい番組

  • チューナーレスのテレビの仕組み

スポンサーリンク

色々起きている問題から、
テレビ離れが起きている原因や、

  • 見た方がいい番組
  • 見ない方がいい番組

個人の目線かもしれませんが、
理論的にまとめてみました。

”テレビ”は果たして必要ないのか
見ない方がいい番組とは

shun's article picture - table on the tv
 
テレビが最近必要ないという意見の中では、

  • 最近のテレビが面白くない
  • YouTubeが面白いから別にいらない
  • NHKの受信料を払いたくない

実際テレビを見てない人の意見を多く感じます

もちろん見ない方がいいテレビもありますが、
見ても得できるテレビがあるように思います。

まずそんな話からしていきましょう。

見ない方がいい”テレビ”番組とは

これは個人の考えを含んでいますが、
特に見なくてもいいと思っているテレビ番組は、

  • ニュース(バラエティ要素含むもの
  • ドッキリ系バラエティ番組
  • カラオケ要素を含む音楽番組

ぼく自身はこの3種類が特にです。

ニュースに関しては、
番組の間に挟まる5分ほどで十分です。

それかNHKなどでやっている真面目なニュース
夕方やっているようなワイドショーは、
思想が多く含まれていてほぼ無駄です

ニュースというものは、
中立で報じてこそ意味があると思いますので、
見てるだけ時間の無駄だと思っています。

気になる方は、
ネットなどでニュースを確認すれば、
1日15分ほどで網羅できます

またバラエティ番組に関しては、
お笑い専門的な分野でやっていない番組は、
教養もつきませんし何の意味もありません

カラオケも同様です。

見た方がいい”テレビ”番組とは

対して見た方がいいと思うのは、

  • クイズ番組
  • お笑い番組(コントを含まない
  • 教養の深い番組

この辺は人によるものかもしれないですが、
クイズ番組単純に教養となるからですね。

お笑い番組は、
会話の勉強になると思っています。

人を怒らすのは簡単ですが、
人を笑わすのはかなり難しいものです。

この辺りはテレビで芸人さんを見ていると、
それだけで学ぶことができますので、
そのような目線で見るとまた違った面白さがあります

教養の深い番組に関しては、
ぼくの中では”鉄腕DASH”などが当たります。

生きていく中で必要な知恵がありますので、
一度見ていただいても損はないと思います。

YouTubeではダメなの?

ぼく自身YouTubeだけは反対です。

何も考えない時にYouTubeは最適で、
普段から常に見るものではありません。

YouTubeをずっと見ていると、
バカになっていくのでは??
とも思っているぐらいなので、

とにかく中身が薄っぺらい上に、
個人の思想が偏りすぎ、教養が薄いです

みんながみんな、
自分の売り上げを上げるのに必死なため、
このような流れが起きやすいですね。

  YouTubeを見るとバカになる話

この考えも偏っている。
と言われればそれまでですが、

テレビを考えながら見るのも、
脳を動かすのにいいとぼくは思っています。

スポンサーリンク

NHKが必要ない人の”テレビ”とは
チューナーレスのテレビはおすすめできるか

shun's article picture - speed lightning
 
この動きに乗ったのが、
あのドンキホーテです

チューナーが付いていないため、

NHKの受信料を払わなくていいテレビ。

 
というわけですね。
もちろんNHKだけではなく、
他の地上波放送も見れなくなってしまいます

NHKのせいでテレビ離れが進む。

みたいな流れもあったりしますが、

  • テレビ離れはNHKのせいか

  • チューナーレスのテレビの実際

こんな2点をここから話していきます。

テレビ離れはNHKのせいなのか

NHKの受信料が支払いたくない。
むしろ支払える能力がない。

そんな方は確かにいると思います。

そのような方に、
救済措置を与えないNHKにも問題があるように思えますが、

全ての方がそうではない。
というのが本当の問題なんです。

実際にNHKの番組は割と面白いものもあって、

オリンピックを見るならNHKはほぼ必須です。

 
スポーツチャンネルなど登録すると、
月額3000円ほどかかったりすることもありますので、

そのような点では欲しい人が多いのでは?
と思う部分ではあります。

ただ無理やりな営業や、
払わなくていい措置がないのは今後の問題ですね

チューナレスの”テレビ”の実際

これデスクトップパソコンを触った人なら、
初めに思ったことだと思いますが、

それってただのモニターじゃない??

 
実際に内容を確認してみますと、

42V型AndroidTV機能搭載フルHDチューナーレス スマートテレビ
モニターにOSが入っただけ。
といった感じですね。

これならパソコン買った方がいいのでは
と思うような内容ではあります。

今3万ほどでこれ以上働くものもありますので、
ゲームとNetflixだけで楽しみたい。

のように使い方を先に考えるといいかもしれません。

ぼくの中での評価は、
いいモニターの枠を超えなさそうです。

  サブと音楽作成のPCはマウスコンピューターで買ってます。

まとめ:”テレビ”は現代に必要ないか
おすすめされるチューナーレステレビが流行る理由

shun's article picture - surprise paper wind
 
ぼく自身はまだ必要かと思われます。
YouTubeではダメかというポイントに対しては、

  • YouTuberがまだ子供向けであること
  • YouTubeに規制が少なすぎること
  • 正しい情報がわからなくなってしまうこと

YouTubeの教養のレベルが高い人と低い人
かなり差があると思っています。

低い人でさえも頭がいいかのように喋ります。

子供の教育にいいか悪いかと言えば、
あまりいいものだとは言えません。

その中で今後、
規制項目が出てきたのならば。

テレビに勝る日が来るのかもしれません。

しかしそれではYouTuberの基本理念と違ってくるので、
YouTubeの衰退も考えられます。

YouTubeが支配する世の中も、
NHKを絶対払わなければいけない世の中も。

どちらも正解とは言いづらいですね。
なのでどちらも見て人に正解を求めず、

自分で正解を出すことが重要なのではないでしょうか。

おわり

スポンサーリンク