【低価格・ハイスペック】”PC”に悩んでるならおすすめはコレ【必見】

Affiliate All-Business Business

 
こんばんは。shunです。

今回の記事は、

  • PCの初購入
  • PCについてあまり詳しくない
  • ちょっと良いPCが欲しい

そんな方達に向けての記事となります。

ぼく自身、5年前ぐらいに初購入した際に、
かなり時間をかけて調べたので、

ある程度の知識は持っているつもりです!

低価格でハイスペックの”PC”を求めるなら

shun's article picture - pc & leaf
 

どんな”PC”を買うか、まず用途によって分けられるかと思います。

  1. オンラインゲームなどを利用したい
  2. 音楽などアーティスティックな活動をしたい
  3. プログラミングなどのプログラム生成
  4. YouTubeなど動画サービスを見たい
  5. エクセルなどofficeを使いたい

この辺りで分類されると思います。
初めての方はどんなPCを買うか悩むものです。

そんな方に向けて紹介したいのが、

  こちらのマウスコンピューターです。

今日はぼくの1台目のパソコンにも使わせていただいた、
マウスコンピューター”を中心に、

パソコンの選び方を説明していきます。

 

重要視する”3つ”のポイント

PCを買う際に絶対見ておかなければならない、
”3つ”のポイントがあります!

  1. CPU
  2. メモリ
  3. 要領(HDD or SSD)

詳しく説明すれば、すごいページ量となりますので、
どのように必要となるのか簡単に説明しますと、

・CPU・
パソコンの全ての作業を処理する速度に関わる部分。
例えると、脳や手足となる部分

・メモリ・
どれだけのソフトを立ち上げられるかの要領。
このメモリが少ないと、ソフトによっては動かない。
例えると、作業する机のようなもの。

・HDD or SSD・
パソコンそもそもの容量となる部分のこと。
例えると、収納する棚のようなもの。

違いに関しては、後で説明していきます。

スポンサーサイト

できるだけ低価格で使用用途の”ハイスペック PC”を購入

shun's article picture - keyboard hand
 
さてここからは、
上で紹介した”3つ”のポイントを主に説明していきます。

  マウスコンピューターの購入概要から説明していきます。

CPU別の向いてる使用方法

CPUは年々新しいのが出てきて、
どんどん高性能となっていきます。

どこで妥協するかを考えるべきなのです。

使用用途によっては、高性能もいらなかったりします。

Core i7 & Core i9

この2つはハイスペックCPUとなります。
パソコンで仕事をしたりする方には、必ず必要となってきます。

これだけCPUあると、

  1. オンラインゲーム
  2. プログラミング(アプリ・ゲーム作成)
  3. 作曲などの大きいソフトを動かす
  4. 動画編集

このような使用用途としても可能になってきます。

もちろん仕事にする場合には、

最近ではCore i9が必須になってきたりもしますが、
今から始める方はCore i7でも十分です。

Core i5

ちょうど真ん中ぐらいのCPUです。
一応上の使用用途で、紹介したプログラムも動くレベルです。

しかし、少し心許ない感じもあるので、

  1. 簡単な動画編集
  2. 簡単な画像編集
  3. プログラミング(ブログ作成・静的プログラム)

練習台としてはちょうど良いレベルだと思いますが、
せっかくならCore i7を買っても良いのでは?

ぼくは推奨します。

Core i3 & Core Celeron & Core Xeon

この辺りは正直少し古いので、
いいパフォーマンスは期待できませんが、

値段は安いので、軽く使い方におすすめできます。

  1. プログラミング(html & CSS)
  2. 動画視聴
  3. エクセルなどoffice利用(一部機能除く)

初めて使った方なら、
使用感はわからないレベルだと思います。

ぼく自身ゲームなど、音楽制作などで使ったことがありますが、

 ちょくちょくフリーズする印象です。

専門的なことをするなら、この辺りはやめましょう。

メモリ別の向いてる使用方法

さて、次はこの”メモリ”になりますが、

ここが一番重要となりますので、できるだけ良いのを使いましょう。

ただ選ぶ内容は少ないので、迷うことはないと思います。

メモリ 64GB & 32GB & 16GB

ぼく自身64GBを使ったことがないので未知数ですが、
基本16GBである程度は動くという考えなので、

ストレスなく使いたいなら使ってみよう

それぐらいの考えでいいと思います。
よっぽど専門的に使いたい以外は、

初めは16GBで十分。

  1. オンラインゲーム
  2. プログラミング(アプリ・ゲーム作成)
  3. 作曲などの大きいソフトを動かす
  4. 動画編集

先ほどの上と全く同じですが、
メモリの方が重要になってくるので、

予算が許す限り増設を考えるのも手です。

それぐらい重要です!!

メモリ 8GB & 4GB

2つをまとめましたが、

4GBはよっぽど予算削りたい以外は買わない

8GBは最低ないと、本当に何もできない印象です。
PC慣れてきたからかもしれませんが、

ストレスしかないのが4GB

よく考えて選ぶようにしましょう!

容量(HDD & SSD)は重要だけどなんでもいい

ここまで2つに比べると、他はどうでもいい内容が多いです。

その中でも重要なのがこの”容量”です。

まず HDDSSD を選ぶところからなのですが、
この2つは値段が結構変わってきます。

予算をできるだけ削りたいならHDDでも十分です。
 
HDDのメリット

  • 値段が安い
  • 容量が多い

SSDのメリット

  • 読み込みスピードが段違い
  • 静かに作動
  • 消費電力・発熱も少ない

その分、
SSDは容量が少ない。高価。
などのデメリットはあります。

ただ、

パソコンの容量は後付けできるので、後から考えてもいい

ここは自分の財布との相談だけです。

スポンサーリンク

他の選ぶべきポイント〜低価格な”ハイスペック PC”を目指すために〜

shun's article picture - lego & pc
 
マウスコンピューターでPCを購入するときは、
カスタマイズ”することができます。

他にどの辺りを選ぶべきか説明をしていきます。

  マウスコンピューターのCore i7デスクトップPCの
  カスタマイズより説明となります。

必ず見ておく項目

ほとんど難しく、何が変わるかわからないと思うので、
最悪カスタマイズは全部スルーでもいいとおもいます。

その中でも目を通すのは”3点”です。

  1. メモリ(増設)
  2. CPUファン
  3. 電源

メモリは前の項目で説明したので、言わずもがなです。
2点に関しては、

そんなに値段もしないので、つけておけば吉

それぐらいの感覚です。
PCの寿命がよく延びるようになるので、

つけておいて損はないのではないでしょうか。

その次に重要な項目

他は、必要な方はどうぞ。
な内容が多くて、

  • ブルーレイみたいなら光学ドライブつけよう
  • Officeソフト欲しいのならつけよう

そんな感じになります。
ただそのまま購入すると、

音声出力と画面出力ができないので、

スピーカーとモニターはないのなら必要

別で買ってもいいと思いますが、
めんどくさいので、ここで買っていいと思います。

 

因みに最近はHDMI端子が付いていることが多いので、  テレビなどに繋げることも可能です。

スポンサーサイト

まとめ:低価格で”ハイスペック PC”を追求した結果

shun's article picture - keyboard up
 
因みにぼく自身、音楽作成の為に、

5年前に10万ほどでハイスパックなPCを購入しました。

マウスコンピューターで購入してみると、

とにかく安くついた印象で、使用感もなんら変わりない印象です。
カスタマイズっていうのは怖い印象があったのですが、

実際使ってみると、全然問題ないのがわかります。

少し金銭的余裕もなく、でもPC欲しい方は頼ってみてもいいと思います。

  IPOで宝くじを当てて、いいPCを手に入れよう!

スポンサーリンク