【結論】”IPO”は初値売りをするか待つべきか【いつ売るか・決まり方】

All-Investment Investment IPO Stock investment

 

こんばんは。shunです。

今日の話題はたまに株式市場を賑わす、

”IPO”の話題となります。

前回の記事のときに、
”IPO”は初値で売却すべき!

というような記事を書きました。
そちらの記事は初心者に書いたものでしたので、
そのように書かせていただきました。

しかし実際はそうでもない場合も存在する

ということで、
今回は、しっかし出す結論としての、

”IPO”初値で売却すべきなのか。

という答えを出していこうと思います。

 IPOはタダでできる宝くじ

”IPO”は初値売りをするべきか
初値価格の決まり方と売り方

shun's article picture - apple selection
 
さて本題ですが、

初値売りを絶対すべきなのか。

と言われれば、実際は”ノー”だと答えます。
しかし、この初値売りという方法は、

実際には勝つ確率が高い方法とされ、
初心者はこれだけやっとけ!

と前の記事では説明しています。
今回は、

  • 初値売りしない場合の基準。
  • 初値価格の決まり方・売り方

ここから説明していきましょう。

”IPO”初値売りしない場合の基準

つまりなんですが、
将来性のある企業に関しては、

絶対的に株価は上がります。

これはIPOも普通の株も同じとこであります。
また、発行枚数がまだまだ少ない株も多いので、

仕手筋の動きも集まり、

強い銘柄は初値後も更に株価が上がります。

なので、

  • しっかりとした企業分析をする時間がある
  • 企業分析をできる力がある

このような方はIPOを当選した直後、
その銘柄を調べてみると良いかもしれません。

あの書類本当に長すぎますよね・・。

初値価格の決まり方と売り方

そもそも初値が決まる瞬間というのはどこか。
今更なんですが、一応の説明をします。

買いと売りがバランスの良い状態になったとき

 
というのがわかりやすいですかね。
つまり、買いたい人が多ければ、
バランスが取れてないということで、

初日に決まらない場合もあります。

どんどん上昇か下降をしながら、
バランスが良い状態になったときにその価格が、

初値”ということとなります。

難しい言葉を省略してみました。

そして次に、
初値で売りたい場合ですが、

成行で注文を入れること。

 
これだけです。
初値が決まるまでは売買が行われないので、
しっかり初値で売ることができます。

スポンサーリンク

”IPO”のセカンダリー投資にも影響
IPOの初値売りの考え方

shun's article picture - analysis digital marketing
 
また話が戻りますが、
IPOは新規上場株式なので、

企業としてもわからないことが多いです。

その企業に今後の将来性があると思うなら
初値売りを狙った、”初値買い

そのようなセカンダリー投資も的確です。

セカンダリー投資の銘柄は先に決めておく

初値売りする銘柄にしても、
初値買いする銘柄にしてもですが、

絶対先に決めておくようにしましょう。

企業分析をする時間がない。力がない。

そういう人は、

  • 絶対初値売りをする
  • セカンダリー投資をしない

絶対これだと思います。

初値が出た後のIPO銘柄は、
本当に株価が暴落する銘柄もあります。

しかも発行枚数も少ないので、
恐ろしい値幅となる場合もあります。

ビギナーズラックでたまたま2択が当たって
その後失敗する

なんて人もよく見ます。
ここをテクニカル投資で見るなんて、
なかなか難しいことだと思うので、

先に見ておくことが重要と思っておきましょう。

”IPO”の初値売りの考え方

実際の話。
IPO当選する銘柄は絶対に選べません。

ここはもう宝くじみたいな話なので、
突然当選するような感じです。

  • 明らかに弱い銘柄に当たること
  • 実際よくわからない銘柄

これらに当たるのも当たり前と言えます。
なので結果として、

よくわからないなら初値売りが推奨

このような結論となります。

まとめ:”IPO”の初値売りを正しいか
決まり方・売る方法などの結論

shun's article picture - road map
 
結論としては、

  • よくわからないなら初値で売ればほぼ勝てる
  • 企業分析ができるなら上を目指す場合もあり
  • 初値買いを考えないんでするのは罪

このような結論となりました。
ここの部分はあまり難しく考えないでください。

企業分析に関してはかなり難しいですので、
売るか買うか考えてる暇があるなら、

企業分析をしてみましょう。

  • どんな企業が今後強いのか
  • 流行りのテーマなのか
  • ここ2、3年の業績

見るとこはたくさんありますが、
ある程度分析できると初値形成後は特に
動きが予想しやすいと思います。

もちろん上場ゴールという言葉もあるので、
業績の旧悪化しての上場もあり、

完全に安心できるものではないということから、
安心したい方は安全に初値売りをしましょう

儲けたいなら度胸は必要です。

  上場ゴールはこちらより

おわり

スポンサーリンク