【将来性抜群】”リユース”を関連銘柄から深掘り【リサイクルとの違い】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

ここ最近株式投資の世界では、
再生可能エネルギー”関連が上昇したり、

リサイクル”の分野が取り上げられたりします。
先日紹介した6347プラコー”がそうですね。

しかし、今回紹介したいのは、

リユース

という言葉です。

  • ”リユース”と”リサイクル”の違いは
  • ”リユース”は現代に馴染むのか
  • ”リユース”の関連銘柄

この辺りについて触れていきます。

  プラコー紹介の記事はこちら

”リユース”と”リサイクル”の違いとは
リユース業界”セカスト”の将来性

shun's article picture - recycle scrap
 
リユース”とは、
物を崩して別のものにする”リサイクル”と違い、

物の形をそのままにきれいにするなどして、
また流通させることを言います。

昔からあったことですが、
汚いなどのマイナスイメージがあり、

なかなか伸びなかった業種ですが、
最近は年々、市場規模を上昇させています

今回はそんな中でも、
この新型コロナ禍であっても、

業績拡大をすると、
メディアで発信している、

2681”ゲオホールディングス”

が運営する”セカンドストリート”を中心として、
”リユース”について触れていきます。

”セカスト”が売れる理由

簡単にいうと、
イメージ改変が成功したからだと思っていて、

ぼくが小さいときの、
古本屋リサイクルショップって、

なんか汚いイメージがあったんですよね。

それではなかなかお客さんは寄り付きません。
この”セカンドストリート”

行ったことある人ならわかると思いますが、

きれいな店作りが行われています。

これにより”家族でもいける場所”
というイメージ改変に繋がったのだと思います。

またECサイトも強いので、
それも追い風となったのでしょう。

今後まだこのコロナ禍続くようであれば、
リユース事業は伸びるでしょうから、

今後も楽しみではあります。

ネットにも強い”リユース”

要は”メルカリ”なんかも”リユース”の1つで、
店舗に信頼を置くか、個人に置くか

ここの差はそこだと思っています。

しかし最近では、
ゲームなんかは、大体ショップが最安値をつけていたりします

メルカリなどで個人を信用して安く買うか
店舗をして信用して普通に買うか

のこのバランスが崩れるわけですね。
リユース業界が伸びる理由は、

ここにもありそうです。

スポンサーリンク

”リユース”業界の関連銘柄
リサイクルだけでない将来性

もちろん”セカンドストリート”だけが、
ダントツに伸びているわけではないです

まあ市場規模が伸びているのですから、
調べたところほとんどの企業が、

業績を伸ばしていました。

 
ちなみに”リユース”と一言にいっても、
正直広すぎるとは思うので、

オークションを扱ってる会社なんかは、
ちょっと趣旨と違うとこから、

省かせていただいております。

それでは銘柄を確認していきましょう。

”リユース”の関連銘柄

【3556】リネットジャパングループ
パソコン回収の「リサイクル」
ネットオフ店舗展開の「リユース」
うまいこと利用してる企業です。
また元はブックオフの系列であるので、
安心感とブックオフより、
色々自由な買取方法を提案しています。
一点から買取もしてたりするので、
まだ企業規模が小さいだけに、
今後が楽しみです。
【7685】BUYSELLTECH
最近CMでよく見かけますね。
着物の買取などを宣伝するCMをしてますが、
正直売り上げに直結するのか、
微妙だと思っていましたが、
業績の伸びは素晴らしいものがあります。
上昇すぎな株価は気になります。
【3093】トレジャー・ファクトリー
”トレファク”を店舗展開しています。
売り上げ・店舗数ともに伸ばしています。
しっかりECサイトとの結びつけもし、
Amazonと買取サービスの結びつけまでしました。
配当性もよく、コロナ禍ながら黒字決算で、
株価も上昇中です。
【9278】ブックオフ
本を売るならブックオフでお馴染み。
本をデジタル書籍が増えてきて、
どうなのかなと思うところですが、
今のところ業績低下は見られません。
ECサイトとの連携がうまくいってるようで、
ネームバリューもあるので、
当分は株価も落ち着きそうですね。

まとめ:”リユース”業界の将来性
リサイクルとの違い。関連銘柄。

shun's article picture - dust box picture
 
最近注目されるのは、

再利用再活用再生

など資源を大事にする内容です。
今ある資源を大事にすることが、

世界問題になっています。

そこに追従してかはわからないですが、
市場規模期待度も上がっています。

ぼく自身もちょいちょいは、
リユースにお世話になってますので、

応援していきたいですね。

リユースとリサイクル

これが今は別で考えられていますが、
両方ともが店舗にて可能となれば

面白い内容ではあります。
昔紹介した、

2151 タケエイ

廃材の運搬から、
再生エネルギーを生成をしてますが、

そのようなことをできる店が出れば、
もっと面白いことになりそうです。

おわり

  タケエイ含む再生可能エネルギーの話

スポンサーリンク