【狙い目条件】”増担保規制”の解除した株式銘柄の破壊力とは【どうなる】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

最近株式投資界で注目されている銘柄に、
3936 グローバルウェイ”という銘柄がありますが、

ストップ高を繰り返し、
かなりの株価の上昇が起こりました
あまりに加熱し過ぎてしまうと、

”増担保規制”というものがかかりまして、

信用取引にかかる資金が増えてしまいます。

このように投機目的とされる銘柄は、
信用取引で取引されていることが多いので、

規制されてしまうと動きが弱くなります。

今回は、

  • ”増担保規制”されてしまった後の動き
  • 解除により動く株価
  • 規制が起こっても強い銘柄

こんな話をしていきます。

スポンサーリンク

”増担保規制”された銘柄の株価の動き
解除されると株価はどうなるか

shun's article picture - write to regulation
 
冒頭でも話した通りですが、
増担保規制されますと、

信用取引に規制がかかりますので、

投機的な動きが少なくなります。

 
そこで加熱した空気を冷まそうという考えですが、
株価はどう推移していくのでしょうか。

”増担保規制”後の株価の動き

まず冷ますことが目的にもなっていますので、

株価は一旦落ち着くことが多いです。

 
特に仕手株とされる銘柄は、
投機的な動きがしづらくなりますので、

株価がかなり下がる可能性もあります。
特に信用取引はリスクが大きい取引方法なので、

逃げるのに必死にもなりますよね。

  仕手株は絶対知っておきましょう。

規制解除されるとどうなるか

規制が解除されますと、
また元通りの状態となりますが、

それまでに加熱した空気は一旦なくなります。

 
その後また株価が上昇するかどうかは、
銘柄そのものの力ともなりますが、

グローバルウェイのように、
株価を上げる材料が多い銘柄になりますと、

その思惑もプラスして株価上昇することとなります

しかしそんな状態でも下がる銘柄があります。

上がるとされる銘柄であることは、
危険銘柄であることの裏返しでもありますので、

その辺りは意識を持っておきましょう。
しかしいい転換期とはなるようです。

グローバルウェイの例

もちろん値幅がすごい取引となりましたので、
増担保制限はかかりました。

そして今日解除されたのですが、
そこに合わせてなのか、株式分割をぶつけました。

株価を上げていくことが目的になっていますので、
会社の本気度が見える内容です。

直近でもっと上がっていますので、

ここからの動きが鈍感になると考えられる中で、
上がりやすい増担保規制解除後の動きとしては、
かなりの好材料と言えるでしょう。

  株式分割のメリット

”増担保規制”が解除されなくても強い銘柄
その見分け方と選び方

shun's article picture - page check
 
ここからは予想と経験を交えた話ですが、
この見分け方はかなり大事であり、
規制後も投資すべきかを考える内容です。

全てがそうであるかというと、
難しい話ですが、一部見分け方を説明します。

解除されなくても強い銘柄とは

信用取引に関する規制等

まずこのように銘柄が公表されますが、
前提条件として、”信用取引”の制限です。
現物取引は関係ないものではあります。

規制がかかってから2日ほど上昇すると

傾向的に上昇の目があるのではないか。

 
ぼくはそう考えています。

まとめ:”増担保規制”された銘柄の取引
解除される株価はどうなるのか

shun's article picture - choice door
 
そもそも解除される基準というものがあるのですが、
この基準は読むこともできます。

基本的にはその解除の基準を、
5日間クリアするといいのですが、

わかりやすいがゆえに、
そこは狙われやすいところです。

今回のグローバルウェイのように、
買いたいぐらいの材料であれば
上昇の目があると思いますので、

この規制中にどれぐらいの材料の大きさなのか。

 
を調べておきますと、
かなりの株価上昇の目となるかもしれません。

もちろん増担保規制も大事ですが、
企業の強さも忘れないようにしましょう。

おわり

スポンサーリンク