【成功する人の特徴】”無茶な人”が結局人生うまくいく説【無理との違い】

All-Business Business Real

 

こんばんは。shunです。

今日は人生でたびたび見てきました。

”無茶な人”

これに焦点を当てていこうと思います。
特に専門職についている人に多いですが、

何かと無茶をして物事に挑む人

 
ぼく自身の経験談での話にはなりますが、
結果的に成功する人が多いと思っているんです。

  • 無茶な人がする行動
  • 無茶な人が人生を成功する理由
  • 無理と考える人との違い

ちょっと人生うまくいかない。
と悩んでる方は一度見てみてください。

 才能がないなら努力で作ろう

人生が成功する人の特徴
”無茶な人”がする行動にその理由が

shun's article picture -  spark in the sea
 
例えばの話からしていきますが、
ぼくが経験した話もそうですが、

無茶な人って、
そのときにしてみれば迷惑だったりするんです。

しかし無茶ができる。
ということは、

人と違うことができる。
と同意ですから、うまくいくんですよね。

例1:美容学校時代の友人

ぼくが美容の専門に入っていた時の話です。
セミナー的なことがあったのですが、

そこでセミナー後に友人がとった行動です。

終わったそのセミナー講師の帰りを待って、
突撃しにいったのです。

もちろん時間もかかりましたし、
もしかしたら迷惑で怒られるかもしれません

しかしこの行動が人と違う動きで、

逆に印象を残す結果となるんです。

 
実際にこの友人は覚えてもらうことができ、
現在東京で成功しております。

例2:音楽時代の後輩

音楽の世界って、
上下関係がゆるいのか厳しいのか。

ちょっと読みづらかったりするんです。

年齢でしか測れないし、
技術がいくらあっても偉そうにしてれば嫌われたりします

しかし自分の技術に自信のある後輩が、
先輩にも偉そうにめっちゃ話しかけていくんです

かなり界隈でも有名な先輩にも打ち上げで同じように喋りかけ、
修羅場になった時がありました。

これでその後輩が大人しくなると思ったら、
その先輩と仲良くなっていて、

その人主催のフェスに参加していました。

やはりイメージに残る人。

結果的に印象が強い結果となるので、
人生に成功する特徴となりそうです。

”無茶をする人”が”成功する人”になる瞬間

とにかく成功する人は、
一直線に目標に進んでいきます。

犠牲とするものは、

  • 外からの声
  • 睡眠時間
  • 遊びなどの時間

やはり無茶をする人というのは、
自己中心的になってしまうので、嫌な声も浴びやすいです。

また無茶ができる条件として、
実力が伴っていること。

という前提条件も必要となるため、
周りに認めさす技術を取得するために、

多大な時間も必要とするでしょう。

 
これに耐える力も必要です。

スポンサーリンク

無理と無茶の違いをしっかり考えよう

shun's article picture - baby hard work
 
この無理と無茶の違いから考えていきましょう。
辞書で見ると、同じ意味で書かれていますが、

少し意味の違いがあります。

  • 無理をしない人
  • 無茶をする人

この日本語の遊びにも、
かなりの人間性の違いも見えてきました

無理と無茶の違い

まず簡単に意味を説明しますと、

  • 無理・・厳しいけどできないことはない
  • 無茶・・ほとんどの場合厳しいこと

つまり無理をしない人は、
できそうにも関わらず何もしない人。

そして無茶する人は、
厳しいのに挑戦をする人。

本当の言葉通りの”破天荒”な人。

こう考えてみると、
どれだけ特別な人かが分かります。

”無茶な人”になるために

まず無茶な人になるためには、

無理しない人から脱却することにあります。

 
ちょっとしんどいからやめとこう
などと人間は自分の可能性を塞ぎがちにあります。

無茶をする人

になるには、
元から持ってるものだったりが必要になりますが、

無理をしない人なら考え方を変えるだけです。

もちろん人生楽したいのは分かります。
ぼく自身楽してる部分もありますので(笑)

でも無理をするときは無茶をしない程度に無理をする

 
ここから初めてもいいんじゃないかと思う筆者でした。

  仕事ができる人が性格悪いのは大事です。

まとめ:人生を成功する人の特徴
”無理をしない人”と”無茶な人”の違い

shun's article picture - genius man
 
こう考えますと、
無茶をする人がどれだけ希少かが分かります。

もちろん頭を使ってうまいことをする人もいます

しかし、本当に成功してる人は、

ある瞬間で無茶ができている人だと思っています。

 
もし特別な存在になりたいのなら、
無茶をするコツを少しでも考えてみてください。

最低でも無理はできる人になる。

これだけは覚えておきましょう。

ぼく自身も頑張ります(笑)

おわり

スポンサーリンク