【株式で勝つ為に】投資家において”ケチ”が勝てる理由【世界から学ぶ】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

最近友人と話してた内容になりますが、

投資家って”ケチ”が多くない??

そうなんです。
稼いでいる投資家はケチである

というより”ケチ”になります。

 

  • 優待で有名な桐谷さん
  • 兼業トレーダーで名を馳せている弐億貯男さん
  • かの天才投資家バフェットさん

なぜそこまで稼げているのに”ケチ”なのか。
そこに株式投資で勝てる理由がありました。

株式の投資家が”ケチ”になっていく理由

shun's article picture - money grow
 
ギャンブルでも言えることだと思うのですが、

ただただお金を突っ込む人は損をします。

 
運でたまたま勝ってしまう人もいますが、
株式投資はタイミングだけで、

大損をする瞬間があります。

ギャンブルにハマる人投資にハマる人
その境界線はここな気がします。

ケチが勝てる法則

とにかく逃げるのが早いのがケチな投資家です。

投資において一番必要なのは、

早い決断力です。

その通り投資の世界において、
一番難しいとされてる行動があります。

買いのタイミング”と”売りのタイミング

 
その中でも”売りのタイミング”が難しいです。
情報収集をしっかり行ってれば、
買うタイミングは間違いないものです。

売るタイミングは、投資家心理を読み取ることが必要です。

このタイミングこそがケチの心理です。

  有名投資家の投資法紹介

桐谷さんの投資法

昔と今の投資方法は結構違うらしいですね。

  1. バブル時に現物で資産を1億以上減らす
  2. バブル崩壊。失った資産を取り返そうと信用取引で大損
  3. ただ現物株は残したまんまだったので、また3億以上資産を増やす
  4. そして、リーマンショックで資産激減
  5. その後、優待生活を初め資産を増やしながら徐々に資産を取り戻す

初めは信用取引などをしてましたが、
どんどんとケチ”な思考になり、

今ではかなり資産を増やしたようですね。

配当+利回りが4%以上の株だけを購入するらしいです。

利回りがいい株というのは、
大きい値動きがない株が多いです。

ケチ臭くこういう株を買っていれば、
大勝ちは遠くなるかもしれませんが、

少しずつ資産を伸ばすことは可能だと思います。

弐億貯男さんの投資法

この方はバリュー投資法ですね。

割安株を成長性を見越して購入する投資法

 
兼業トレーダーの方ですが、
ちゃんと企業のことを調べ尽くしてから、
株式を購入しています。

ぼくもこの方の投資方法を参考に投資をしています。

この方も普段の生活は質素らしく、
資産が2億になっても、

生活水準をほとんど変えてないらしいです。

 
その分を投資に使えれば、
更に増やせるチャンスもあることから、

”ケチ”であることがよく作用してます。

バフェットさんの投資法

かの有名は天才投資家”バフェット”ですが、

バリュー投資に近いやり方になりそうですね。

  • 自分がよくわかってる株を購入する
  • 業績と株価を一致しているから業績を重視する
  • 自分の考えを重視する

安定優良株買いの推奨をされてます。

 
もちろん投資の神様と言われる方でしたから、
間違いなかったんでしょうが、

簡単に真似しようとしても、

大きい資金がないと利益が小さい。

 
そんなことから、

個人の投資家が真似するのは少し難しい。

この方は普段をかなり質素な生活にしてたようです。
儲けるのはこのような方が多いのでしょうね。

スポンサーリンク

実際の投資家には”ケチ”な人が多いのか

shun's article picture - money & leaf
 
必ずしもそうは言えません。
少しこの記事とはずれた話にはなりますが、

Cisさんの投資法は、おそらくケチではできない投資法です。

  • もうすでに上昇している株を購入
  • もし下がればすぐ損切り
  • 10回に1回勝てれば大丈夫

こういう考え方らしいです。
ぼくには向いてないと思ったので、
実践はしてませんが、

この行動がとれれば、
確かに勝てる方法になると思います。

ここまでくると投資というより、

勝てる方法をかなりあげたギャンブル

そんな感じですね。
完全なマネーゲームをしたい方には推奨できます。

かなり豪快な方法になるので、
損する方は損してしまうので、

投資と一緒に骨を埋める覚悟がある人は、
実行してみると良いでしょう。

結局”ケチ”な投資家の勝てる方法とは

ケチな投資家はとりあえず、

負けを嫌う傾向にあります。

 

  • 安定優良株の購入
  • 損切りをしないでいいように調べ込む
  • 大損は嫌だから損切りも覚える

この辺りは共通してくるとこだと思います。

どちらの投資方法がいいかは、 本当に性格によるものだと思われます。

自分自身で考えて試してみることが良いです。

まとめ:株式投資家は”ケチ”がいい理由

shun's article picture - puzzle hand
 
今回は基本投資家メインの話をしましたが、
普段の生活においても、ケチは得をしたりします。

  • コンビニで物を買わず、スーパーで買い物を行う
  • 得になりそうなキャンペーンは調べ、利用する
  • 自販機の利用はできるだけしないようにする
  • 基本自炊をする

色んなおトクな情報をチェックしています。

ここで浮いたお金で投資ができると考えるから、
どんどん”ケチ”になっていきます。

  当サイトのお得情報は下より

このような”ケチ”から始まる情報収集から、
株式投資に繋げられたりもします

時間にもあらわれる”ケチ”

お金の問題だけではなく、時間を無断にしない。

この考え方も”ケチ”な部分の1つだと思います。

 
無駄な飲み会など参加しないだけで、
時間もお金も無駄にしないで済みます。

もちろんそこに交友関係を求めるのであれば、
参加することも必要になりますが、

その時間を投資の情報収集に当てれたり、 その資金を投資資金に当てれることは、 頭の片隅においてもいいと思います。

ケチ”は大物投資家への一歩に

 

  時間を無駄にするという気持ちがある方への記事

おわり

スポンサーリンク