【どっち?】株は”インカムゲイン”か”キャピタルゲイン”か【おすすめ】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

さあ投資の世界ではよく耳にされる、

”インカムゲイン””キャピタルゲイン”

もちろん株式投資の世界でも有効で、

自分はどちらの投資スタイルしていくべきか、

 
ある程度考える必要もあると思います。

いやそもそもそれは何?
と思う方もいると思いますので、

株式投資のスタイルにおいて、

  • 株ではどのスタイルがおすすめか

  • それぞれのスタイルの注意点

  • 生活スタイルに合わせた選択

 

スポンサーリンク

この言葉自体は覚える必要はないですが、
どの投資が自分に合っているか。

しっかり考える必要はあると思います。
無理のない方法を選択していきましょう。

株では”インカムゲイン”か”キャピタルゲイン”か
おすすめできる投資スタイルとは

shun's article picture - money on the table
 
まず簡単にこの用語の意味ですが、

  • インカムゲイン
     →配当金などの持っているだけで入ってくるお金
  • キャピタルゲイン
     →売却益など売ることんいより入ってくるお金

このような意味があります。

不動産投資などは、
家賃収入などのインカムゲインが主となったり、

FX仮想通貨貴金属などですと、
売買の繰り返しによるキャピタルゲインが主です。

株式投資はどちらが多くなのでしょうか。

株式投資はハイブリット投資スタイル

株式投資は元来としては、
インカムゲインが元となっていたと思います。

企業が配当金や株式優待を出し、
テレビなどでもそれにスポットを当てた宣言をしていました。

しかし最近では、
デイトレードスキャルピングなどの、
その日のうちに売買を行うことも流行りとなり、

その人に合わせた投資スタイルの選択が可能です。

 
実際はどちらを狙うべきなのか。
割と悩む方が多いのではないでしょうか。

  最強のリスクヘッジ方法”スキャルピング”

理想は”インカムゲイン”を狙う

本当に理想の話になりますが、
中長期で配当の高い銘柄に投資しつつ

限界が来たときに売却する方法

これが本当に理想となります。

短期でキャピタルゲインを狙うのもいいですが、
やはりストレスなどの精神的ダメージも大きいです。

元々の資金が潤沢であれば、
配当金だけで生活することだって可能です

しかし前も少し説明しましたが、

年間最低必要量である400万ほど作ろうと思うと、
7000万ほど必要な計算となりました。

  その辺りの話はこちらまで

それぐらいの生活をしようと思うならば、
それまでにデイトレなどのキャピタルゲインが必要になるので、

表裏一体といったところでしょうか。

スポンサーリンク

株でのそれぞれの注意点とは
”インカムゲイン”と”キャピタルゲイン”

shun's article picture - company analysis
 
初めの方ではどちらかに偏った話をしました。

しかしこれ自体が注意点となっていまして、

株ではもっと柔軟な考えが必要となります。

 
やはり企業に寄り添ったものになりますので、
企業が弱れば配当金や株式優待がなくなる上に、
株価が下がり、売却損となる可能性もあります

”インカムゲイン”と”キャピタルゲイン”
この両方がバランスよくある必要があります。

生活スタイルに合わせた選択方法

生活スタイルに合わせる。
これが一番わかりやすい考え方です。

初めに絶対守ってほしいことは、

”どちらかに偏らないこと”

 
これがかなり大事です。

兼業投資家の場合

正社員として仕事をしている方なら、
キャピタルゲインを中心に考えるのは難しく

中長期投資によるインカムゲインを得る必要があります

しかしだからと言って、
株をずっと持ちっぱなしにしていると、
売却益すらなくなってしまう可能性があります。

もちろん配当や株式優待をずっと得る考えも必要ですが、

それだけに固執してしまうと、
コロナショックなどの大暴落に対応できず、
大損をしてしまう可能性は存在します

なので、売却する。という心は持ちつつ、
一番効率がいいと思われる方法を模索してみましょう。

専業投資家の場合

兼業の場合は持ち資金が大事ですね。
ここからはぼくがしている方法になりますが、

一応ぼく自身は中長期投資がメインなので、

500万ほどで保有しつつ、
残りの資金をデイトレに使ったり、
他の証券会社に分散しIPOなどに参加する資金としています。

やはりキャピタルゲインを得ようとするには、
リスクを伴ってしまいます。

なのでこのようなスタイルをとっています。

専業の場合は色んな考え方が可能で、
普段から投資で仕事を成立させるなら

デイトレードだけという道もあります。

そこで得た資金で、

だんだんインカムゲインを目的とした投資方法へと変更させる

これが割とよくみられるスタイルでもあります。

まとめ:おすすめの株の投資スタイルとは
”インカムゲイン”と”キャピタルゲイン”を考える

shun's article picture - light bulb more than
 
一言に株式投資と言っても、
こんなに投資のスタイルが存在します。

今後の日本がどうなるのかが心配なら外国の株式もあるし、

もっと安定的な銘柄を集めた投資信託もあります

もっと短期で売買したいならFXもあるし、
節税対策も考えるなら不動産投資と。

とにかく投資には色んなスタイルがあります。

ぼく自身はまだまだ当分は、
億トレーダーとなりそうにもないし、
それには向かないかなとも思っていますので、

月の給料分ぐらいを勝つ。

ぐらいの気持ちで考えています。

まだこのような成功体験は少ないように思いますが、
今のところ問題なく生活できる水準です。

リスクヘッジも兼ねているので、
自分の資金以上に損をすることもありません

大金持ちにはなれないかもですが、
自分の身の丈にあった生活目指します。

おわり

スポンサーリンク