【”高配当株”はダメ?】初心者が株式投資で失敗する理由【せめて割安株】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんにちは。shunです。

よく初心者の方に勧められる株として、

  • 割安株
  • 高配当株
  • 成長株

この辺りが挙げられますが、
今回はその中でも、

”高配当株”をおすすめしない理由

 

この辺りを取り上げていきます。

”高配当株”の甘い罠と
初心者の投資家が失敗する罠

shun's article picture - investment
 
ぼくは株式投資を始めたときに、
ダイヤモンドzai を見て、

割安株・高配当株

というものを知りました。

ここで何点か失敗をします。

完全初心者が失敗すること

ぼくが失敗したこととは、

  1. PER/PBRを軽く学んだ時点で銘柄購入
  2. 配当を重視
  3. チャートはほとんど読めず

この状態で銘柄購入に踏みきったことです。

この2018年に買った銘柄は、

  • 1873 日本ハウスHLDS
  • 8410 セブン銀行
  • 4188 三菱ケミカルHLDS

チャートを調べればわかると思いますが、
2018年からずるずる下げております。

結局何が悪かったかというと、

  • 将来性が薄い銘柄だった
  • 割安であると同時に落ちどきだったこと
  • 配当転落の可能性が常にあったこと

PBRは割安の指数を示すとともに、

会社が少し危険な位置にいることを示す数値

 
ただ単純に割安であると考えると、

  • その会社の人気
  • 業績・将来の行方・成長株であるか

この辺りを無視する結果となり、
下落を見抜けないということが起きます。

  割安を示す値は、PER・PBRだけではない話

配当株で陥る罠

株価を探す指数として、

配当利回り”という指数があります。

これは今の株価に対して、

何%配当で返ってくるか

を示す数値となります。
どれぐらい配当として返ってくるか。

というのがわかるんですが、

結局この配当の分、損すれば意味がなくなる。

 
つまり、数値だけを見て買うのは危険です。

もちろん。ここを購入する指数として、
選ぶ方もいるとは思われますが、

それだけが買う基準になると、失敗する確率も高いです。

 
全ての数字を見極めれるようにしましょう。

  決算の数字は全部じゃなくていので、少し見れるようになろう

スポンサーリンク

株式投資の初心者は、
”高配当株”ではなく割安株を

shun's article picture - sad woman
 
高配当の大型株というものは、
ぼく自身あまりおすすめはしません。

もちろんこれは初心者には。
という言葉が必ず入りますが、

それは前の項目でも話した通り、

まだ数値の意味が分からないから。

 
せめて、
割安株であり、高配当株であるなら、

購入する指数となると思いますが、
その指数がわからないので、

勉強してからの必要があります。

”高配当株”を買うべきでない理由

上の項目でも書いたとおり、

1つの買う基準に過ぎない

なので、そこ1つだの指標だけで買うのは危険という話ですね。
ただ、”高配当株”に関しては、

実際にもらえるので損はないです

長期運用する方はいいかもしれません。
しかし、昨今の新型コロナの騒ぎのように、

高配当株が無配当に。

 
などという事例がたくさん出てきました。

高配当の大型株だからといって
安心して投資する理由にはならない。

ということを実感する出来事になりました。

なので高配当株”だから。

という理由だけではなく、

  • 目に見えて好業績そう
  • わかりやすい好材料があった

あんまり株式に詳しくなくても、
わかるヒントはたくさんあるものです。

  ニュースからも材料は読み取れる

初心者が買うべき株

結論からいうと、

高配当でかつ、有名で、業績が安定してる会社

流石に業績も間違いなく、
人気もあれば、株価が下がる理由がありませんよね?

例えば、

  • 3563 スシローグローバルHLDS
  • 7564 ワークマン
  • 7974 任天堂

高配当とはいえない数字ですし、

株価がもうすでに高いので、
ちょっと指標としては弱いですが、

安定して業績を出すように見えるでしょう
初めはこのくらいの感覚でいいです。

 ただできるだけ下から入れるようには心がけましょう

 
単純な配当利回りなら検索で出てきますが、
どれもあまりパッとしないものだったので、

当ブログではお勧めしないでおきます。

高配当株を長期運用する上での、
買うべきタイミングとは

配当利回りが大きい株は、

権利落ち日に近づくと上昇し、直前で売られることがある

この配当によってきて、
上昇した株価で利益を出す手法ですね。

なので、長期運用したい方は、

  • 権利落ち月から遠い月
  • 権利落ち間際(株価の下落があった場合)

この辺りで買うと安く買えるのではないかと思います。

まとめ:投資家の初心者に、
”高配当株”でなく割安株をおすすめする理由

shun's article picture - dack dack
 
今日はよく話を聞く、

  • 割安株
  • 高配当株

の話になりました。

株式投資で利益を出そうとするときに、
中長期投資を行うと必ず通る道が割安株になります。

この割安株“から”成長株を見つけ出せると、

それがテンバガーとなり得る可能性もあります。

 
しかし、見つけ出すのは容易ではないです。

あとは投資家の初心者のうちは、
一銘柄に固執しやすいので、こちらも注意です。

損切りすることも株式投資です。

  損切りのテクニックはこちらより

この記事を見ていただけた方は、
割安株をしっかり調べて、
自分で判断ができるよう、

しっかり勉強して、将来のテンバガーを見つけ出しましょう!

おわり

スポンサーリンク