All-Investmentに関する記事一覧


All-Investment Investment Stock investment

一時期は素晴らしい株主優待で人気となった”すかいらーく” このコロナ禍において大量閉店する運びとなってしまいました。しかし配当まで未定としつつも株価下落はそこまでしない結果となりました。なぜこのような事が起きたのか。今後の株価を予想しながら買い時を解説していきます。この仕組みはどうなっているのでしょうか。

All-Investment Investment Stock investment

”パナソニック”とは誰もが知っている電気メーカーとなりますが、最近では株価がなぜか安い状態で推移しております。業績は安定経営ながらもパッとしない結果となっています。1番の理由としてはテスラとの関係や配当問題もありますが、今後の将来性も充分にあると思います。しっかり分析して今後の株価をみていこうと思います。

All-Investment Investment Stock investment

今回は今不動産業界でよく聞かれる言葉。”リースバッグ” または、”リバースモーゲージ” について解説します。株式投資目線で見たときには業績が出やすい事業ですので、かなり将来性は高いと思います。実際にAnd Doホールディングスの業績、株価ともに上がっている現状もあります。そんな仕組みとは。という部分を解説していきます。

All-Investment Investment Stock investment

楽天直近の決算にて、0円キャンペーン終了による”楽天モバイル”の解約数の増加が見えてきています。これによる株価の影響はどれほどになるのか。株式投資目線で見ていこうと思います。ネットニュースで流れているほどは影響はないと思いますが、今後の将来性を見ていくと不安感が多い内容となりました。しっかり分析していきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

現在ワンピースがかなりの広告費がかけられ放映されています。興行収入も2日が20億超えらしくかなり期待が持てることとなっています。そんなワンピースの制作会社”東映アニメーション”は上場しており、現在株価は上昇傾向となっています。なぜと考えなくても上昇理由がわかるこの狙える考え方。当たり前な観点から解説していきます。

All-Investment Investment Stock investment

株式投資において危険指数とも言われるのが、”信用倍率”。しかし高いとダメと言われるこの指数ですが、必ずしもそうではないと思っています。株価が上昇している状態なら10倍以上ある状態でも問題ないと思いますし、信用倍率が1倍を切る時にもチャンスがあると思っています。そんな見方や目安についてまとめています。

All-Investment Investment Stock investment

初心者が株式投資で引っかかりがちな銘柄選び。その中でも、”短期・中期・長期”の明確な見分け方を解説していきます。もちろん銘柄ごとに売買の仕方は違いますし、その保有する期間においてコツは変わってくるものです。理解することによって一段階レベルアップは可能なので、少し勉強しておいても損はないお話となりました。

All-Investment Investment Stock investment

水素ステーション関連ということで数ヶ月前に注目されたこちらの”オーバル”ですが、最近もまた注目されてきています。最近のこの急騰理由はなんなのか。また企業としての将来性はあるのか。と解説していきます。もちろん今後狙うタイミングもあると思いますので、しっかり予想をしていきましょう。思惑はもう少し続くんじゃよ。

All-Investment Investment Stock investment

”新型コロナウイルス” が蔓延してからかなりの期間が経ちましたが、未だに普通の生活に戻る目処は立ちません。しかしここで5類引き下げにより少しは通常の生活に戻る糸口が出てきました。そこで株式投資目線で影響のありそうな株銘柄を選定していきます。保険はもちろんのこと薬局まで業績が上がるのではと考えています。

All-Investment Investment Stock investment

前回はダブルボトムを解説しまして、今回は”ダブルトップ”を解説させていただきました。ダブルトップには割と危険である仕組みがあり、だましがあるチャートのパターンも存在しています。もちろん重要な指標ではありますが、投資家心理がより重要なものとなりますので、その銘柄にある材料の大きさや空売り機関の強さを確認してみましょう。