【失敗を隠す?】”美容師”が表に出したくない裏話激選”5選”【あるある】

All-Life Life relaxation

 

こんばんは。shunです。

今日は元”美容師”であるshunの、

美容師の嫌な部分であり、
外では言えない、美容師あるある

そんな内容を取り上げていきます。
いい美容師と悪い美容師の基準がよくわからないだけに、

無茶苦茶なことをやったりしています。

ぼくが特に納得がいかない、

  1. 失敗を隠す美容師
  2. スタイリストデビューするまで
  3. できないことはごまかす
  4. 詳しくなくても適当なこと言っとけ
  5. 髪の痛みよりか大事な技術時間

こんな感じの”5選”を話していきます。

  いい美容室の選び方

”美容師”のあるある裏話
失敗を隠す美容師たち

shun's article picture - strange man
 
美容師に失敗された!

これはよく聞く話ですが、
それとは別に、

失敗されたかも・・??

と思うことはないでしょうか。
この失敗の基準が難しくて、よく聞く話として、

  • 前髪を切られすぎた
  • パーマがおかしい
  • 左右の長さが違う

このような場合は分かりやすいですが、

  • 後日同じようなセットができない
  • すぐ髪がまとまらなくなった

このようなパターンですと、
失敗だとかなり分かりづらいですよね。

こんな話を元にしたあるある、もとい、
裏話を話していきましょう。

失敗を隠す”美容師”

例えばの話ですが、
パーマがかかりすぎたらどうするでしょう。

パーマというのは髪の繊維を壊して
形作った状態で再結合することによりカールを出します

なので正直に伝えて、

  • 時間変化で馴染むのを待つ
  • 軽く液をつけ伸ばし再結合(髪が痛む

こうするのが普通だと思いますが、

ほとんどの美容師がこの選択を取りません。

 
実際に取られている方法は、

ドライ時にできるだけ伸ばす。

全然根本的な解決にはなりませんが、
その日はごまかすことができ

後日に気づくパターンです。
気になる人は、気付いた時点で電話をしましょう。

かなりしにくいと思いますが、
これがいつまでも、この問題を改善できない理由になってます

できないことはごまかす”美容師”

美容師という職業の人は、

全てのスタイルを再現できるのでしょうか。

 
これはほとんどが”ノー”だと思っていて、
もし自分のできない技術のスタイルを見せられた場合、

自分のできる技術内に収めようとします。
そして大体こんな感じだろ。

という感じでしてしまう美容師もいるので、
なんか少し違う。

といった感じの言いづらいレベルのミスが発生します

美容師じゃないとわからないミスも多いので、
ミスをしたのなら言えるようになって欲しいですよね。

スポンサーリンク

”美容師”のあるある裏話
技術が足りない美容師たち

shun's article picture - scissors
 
ここからは技術の足りない美容師はなぜ生まれるか

しっかりとした国家試験を受け、
美容師免許を持ってお金をもらう人間

なぜこんなにミスを量産するのか。

これは美容室の体制もありますし、
問題がある業界の体質です。

そんな話をしていきましょう。

スタイリストデビューするまで

美容師がスタイリストデビューするのは、
美容師免許持ってるだけではダメで、

店ごとの試験のようなものをクリアする必要があります。

 
ここに基準はなくて、

  • 早い店だと2年以内
  • 遅い店だと5年以上

こんなに差があるのです。

この2年でデビューする人は、
ほとんど基本しか知らないままお客さんに入り
経験だけでうまくなっていくのです。

言葉だけで聞けばいいですが、
デビュー仕立でに切られた人はどうなるの?

アシスタントだけで給料は払ってられない。

そんな美容室の体制が問題となります。

”美容師”と言えども髪のプロではない

髪を切るプロである美容師ですが、
髪のことに詳しいのはほんの一部です。

ぼく自身どちらかといえば、
そちらも気になった方なんですが、

そんなこと勉強する暇があったら技術を磨け。

そのように恫喝されます。
それも当たり前なんですが、

もしお客さんに質問されたらどうするの?

  • なぜシリコンシャンプーはダメなのか
  • なぜ髪は痛んでいくのか
  • トリートメントの値段の差

美容師はどちらかというと、
体育会系の割合の人が多いので、

どうしても感覚重視になってしまいますよね。

髪の痛みよりか大事な技術時間

美容師とは鮮やか職業に思えますが、
しっかりとした商売であります。

予約はギリギリに詰め込み
忙しい店では、次から次にお客さんが入れられます。

  • カットは30分
  • カラー1時間(カット込み)
  • パーマ1時間(カット込み)

このように組む店が多そうです。
それに間に合おうとすると、

しない方がいいことをしたりします。

 

  • カラー材を頭皮につける
  • あまり研いでないセニング(すきバサミ)でザクザク切る。
  • 濡れた髪のまま放置してしまう

カラー剤はできるなら頭皮につけない方がいいですし、

セニングは毎日簡単に研げるものではないので、
もし業者に出してないのなら、

一回一回動かすたびに痛める行為です。

また濡れた状態での放置も、
実は髪を痛める原因になります。

他のお客さんとの兼ね合いで、
待たされる時がありますが、

実は髪には良くないのです。

まとめ:考えられない?”美容師”のあるある
なかなかえぐい裏話を持つ美容師たち

shun's article picture - banana & man
 
美容師の言いたくないあるある”5選”を話してみました。

実はこんなえぐい話がいっぱいあって、
美容学校で勉強しているときからの話でいくと、
とにかく不真面目な人が多い印象です。

そんな人がプロとなって、
その人たちが業界を作るのですから、

悪くなっていくのは当たり前ですよね。
しかし最近は悪い見立てばかりでもないんです。

近年の”美容師”について

最近はインスタやSNSなどで、
美容師を宣伝する人が出てきました。

  • 髪に詳しい人
  • 技術を知ってる人

美容師の情報がわかるようになったので、
昔よりは選べる状態にはなったのかな。

とも思います。
しかし、それに合わせて施術料金もだんだん上がってますね

それぐらい払って当然なのかもですが、
業界でも差がありすぎるので、

消費者を悩ます状況は改善を考えて欲しいものです。

  筆者おすすめの”ミルボン”とは

おわり

スポンサーリンク