《メタバース》”ピクセルカンパニーズ”に感じる一縷の将来性とは《株価》

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

メタバースやNFTがだんだん注目される中で、
そこに揺れる関連株がたくさんあります

ほとんどが思惑で上昇していて、
どのように数字として出ていくのか。

これを各企業が模索して、
投資家はそれを予想していくタイミングとなっています。

今回注目していきたいのは、

”ピクセルカンパニーズ”という銘柄です。

かなりの低位株でありながら、
最近IRの連発をしていました

しかし株価の安定的な上昇には至りません。
ということで今回の大事な3点!

  • ピクセルカンパニーズの将来性

  • 株価が急騰と急落する繰り返す理由

  • メタバースが儲けどころになるとき

スポンサーリンク

ピクセルカンパニーズに関しては、
言い点と悪い点がギャンブルぐらい分かれています

投資する際には細心の注意を持ちましょう。

”ピクセルカンパニーズ”の概要と将来性
株価が急騰と急落を繰り返している理由

shun's article picture - write to regulation
 
まずこちら株探をみていただくと、

11月の終わり頃から、
かなりIRが増えているのが分かります。

その内容もメタバースNFTと、
今の時代にあっているのが分かります。

しかしここまで材料が出たにも関わらず、
依然として株価は下落しています。

メタバースそのものの不安要素

まず今よく言われているのは、
メタバースの何処に儲ける要素があるのか。

ここに問題があります。

その点に関しては、
メタバースの空間でNFTを作り
それを商売に発展させる方法を模索しているようです。

そこから先に関してまだ不明な部分が多いですが、
構想はあるようなので問題は中身ですね。

”ピクセルカンパニーズ”の将来性

こちらの社長は、
割とSNSでも発信される方ですので、

今の状況がわかりやすいの利点ですが、

かなりエンジニアを増やそうとしているようです。

 

しかしまだ従業員にかける給料は少なく
まともな人材が集まっているとは思えません。

ソースはこちら

やる気は見受けられますので、
うまいこと噛み合えば今後の事業拡大も見られるのでは??

と思うほどではあります。

忘れてはいけない低位株の弱さ

低位株ということは、

かけられる資金が少ないことも問題です。

 
将来性があるというのも、
資金が続くかということにも繋がります

ここが大きい企業と、
小さい企業の大きな差でもありまして、
思惑だけで終わる可能性も十分にあります。

その揺らぎがこの株価に現れていますね。

スポンサーリンク

メタバースのどこに将来性がある?
”ピクセルカンパニーズ”で考えられる思惑

shun's article picture - PS4
 
一番よく使われているものは、
”ゲーム”が多いですね。

ここ最近で流行っていた、

  • あつまれどうぶつの森
  • フォートナイト

などはこの技術がしっかりと使われています。
仮想空間で接触することなく
色んな人と遊ぶことができます。

しかし昔からこのようなものはあったのに、
なぜいきなり注目されてきたのでしょう

  メタバースが気になった方はこちら

暗号資産が流行してきたため

これまではその空間を作ったとしても、
そのゲーム独自のアイテムやお金を購入して、その中で遊ぶ

これが当たり前のものでした。
しかし最近出てきた技術の”NFT
このおかげでアイテムを暗号資産を元にしたもの
にできるようになりました。

こうすることにより、
アイテムに個体値をつけることができ
メタバースの外でも使えるようになります。

まだ資金的に安定しないだろうというのが、
ここの不安要素で今後どうなるかわかりません。

しかし国にも縛られない資金というものは、
かなり有用性があるものであり、

何年後になっても実現すれば、
お金になる技術だと思います。

  NFTの将来性はものすごいです。

”ピクセルカンパニーズ”の狙うところは

ここからは予想の話になります。
事実とは異なる可能性があるのでお気をつけください

元々の事業の1つとして、

カジノゲーミングマシン開発事業があります。

 
これとメタバースが合わせと、
仮想空間内のカジノを作ることができる。

仮想通貨を使えば全世界参入も考えられますし、
注目はかなり集まることだと思います。

しかしこれにはもちろん規制もあるでしょうし、
遊びの域を出るとなるとかなり難しいです。

正直夢のような話から最大限に考えた結果なので、
ここまでは期待していませんが、

ここから何か面白いことがあれば。
ぐらいに捉えています。

”ピクセルカンパニーズ”の武器になるか
メタ・リゾート東京とは何か

こちらがそのIRとなります。

メタバースリゾート開発プロジェクトのテストマーケティングを開始

まだテストということですが、
これが形になれば将来性という意味では、

日本のメタバースでは群を抜いている。(かもしれない。

 
ということもありえます。
ただ資金がどこまで持つかわかりませんし、

とにかく思惑で動く銘柄なので、
もの自体はあまり期待せずに、

もしもすごいものができた時には、
ホルダー同士称え合う。

というのも株式投資だと思います。
今は思惑での株価上昇を狙うのが正解でしょう。

まとめ:株価が急騰と急落を繰り返す理由
”ピクセルカンパニーズ”とメタバースの将来性

shun's article picture - metaverse
 
さてここまで色んな視点から見てきました。
ぼく自身も買っている銘柄ではありますが、

正直な話をいうと、
そこまで上昇するとは思っていません。

やはり低位株というものは、
何か大きな材料を夢見るものです

どんどんIRが積み重なっていき、
200円にでもなればもう4倍なんです。

逆に下がる位置も知れてます。
もちろん簡単に上がる株価ではないのですが、
材料が出る可能性があるなら。

ちょっと面白いかもしれない。

これぐらいの気持ちで投資に挑みましょう。

おわり

スポンサーリンク