【リスクヘッジの方法も】”空売り”で利益を出す仕組みとは【危険性】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんにちは。shunです。

今週は下げ相場が続きましたね。

なぜか株式投資で勝てない。
そういう方がいらっしゃると思います。

下がる株しか買えない・・・。

なら、下がる株に賭けてみませんか?

そんなときに、必要となってくるのが”空売り

今回は”空売り”の必要性・仕組みについて説明してみます。

 下げ相場の対処法の記事はこちら

そもそも空売りの仕組みとは

shun's article picture - study room
 
空売りとは”反対売買”のことです。

株式投資における”信用取引”の1つで、

株を借りて、その後返却する。
その差異で利益を出す手法になります。

もちろん信用取引なので、保証金さえあれば、
自分の資金より大きな取引も可能となります。

空売りの危険な仕組み。重要な”3点”

shun's article picture - internet t
 
空売りはいいことだけではなく、
危険性”もあります。

  1. 信用取引であること
  2. 元の株式投資の理念とは逆になること
  3. 期間が限られてくること

空売りをメインの取引にして欲しくないと思います。
株式投資をやる上での、”信念”的な部分でもあります。

信用取引であることの危険性

空売りは必ず”信用取引”となります。
上でも言った通り、

自分の資金より大きな取引を行えます。

これは危険性もあって、
自分の資金以上のマイナスを出す可能性もあります。

もちろんプラスの可能性もありますが、
自己資金と同じぐらいの取引をするのが望ましいでしょう。

株式投資の理念は”上昇”にあること

日経平均やマザーズ。JASDAQの上昇は、
日本の経済を図る指標であるので、

上昇するのが望ましいのは当たり前

空売り”はその理念と逆をいくものです。
なので、本来すべきではない取引法だとも言えます。

しかし、必要な盤面は必ず出てきますので、
1つの取引法として、持っておきましょう。

という話となります。

期間が限られることによるリスク

普通、株式を購入する際は、

  • 配当の確認
  • 株式優待の確認
  • 長期的な株価の上昇への期待

これらを見ると思いますが、

空売りをもちろんですが、全部ないです!

しかも、銘柄によっては期限が限られているものもあり、
最短では1日で返さなければなりません。

これは、証券会社ごとによって銘柄も少し違いますので、
証券会社の説明を見るのが望ましいかと思います。

スポンサーリンク

空売りで覚えておく必要なテクニックの仕組み

shun's article picture - car & man
 
ここまで悪いことばっかり伝えましたが、

株式投資においては必要なテクニック

ではどのように使えば効果的に使えるか、
この辺りをしっかりみていきます。

全体的な株価下落の局面において使う

直近のもので言えば、

記憶に新しいコロナショック

下落に続く下落で、
何も手を出せずに眺めてた方もいるんじゃないでしょうか。

そんなときに使うのが”空売り”ですね。
ここまで見ていただけた方なら、深い説明はなしにしましょう。

急騰した銘柄の天井を狙う

これはもうギャンブルな手法になりますが、
短期的に”ダブルバガー”ぐらいにいく銘柄が、

周期的に登場するのはご存知でしょうか。

 こういう銘柄は間違いなく急落する

これは、”投資”ではなく、”投機”という
短期的な利益を生み出す為だけの取引

が行われているからですね。

なので、天井さえ掴めれば、
また元の株価近くまでは利益を出せる可能性はあります。

危険性だけは覚えておいてください。

 

リスクヘッジのための空売りの仕組み

例えば、自分が長期投資してる銘柄があったとしましょう。

そして、その銘柄が売りたくないけど、
下落の可能性も感じ取れる。

そんなときに”リスクヘッジ”での”空売り”

もし同じ株価で、同じ株数を持ったなら、

上昇しても、下落しても±0

そのような使い方も出来たりします。
ほとんど使用することもないと思いますが、

そういう局面を想定しておくのもいいでしょう。

何が起こるかわかりませんからね。

まとめ:空売りの利益を出す仕組みとは

shun's article picture - water science
 
今日は以前から予告していた”空売り
の説明をしてみました。

ぼく自身考えが、投機より投資によっているため、
あまり使用しませんが、

何も出来ない局面が訪れることがある

そんなときに必要なテクニックです。

ただ”空売り”を中心として、取引するのは
株価の流れが見辛く、おすすめはしないので、

場面場面で使えるようにしましょう。

おわり

スポンサーリンク