【やばい株】”CAICA”を今後投資する上で気を付けること【黒字はウソ】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

昔このブログでよく取り上げた”2315 CAICA

IRを大量に出してはいたものの、
各期ごとの業績が良くなりませんでした

そして今回ついに通期の決算の数字が出ましたが、
当たり前のように黒字予想からの一気に赤字転落です。

何か特別な損でもあったのかな。
普通だったら思うのですが、

CAICAを見続けてきたぼくにはわかりますが、
ここでやばいところが見えてきます。

  • CAICAの決算確認

  • 例年のCAICAの流れ

  • 次に向けて気を付けるべきこと

スポンサーリンク

割と今回は動いていたので、
少し信じていたところもありましたが、

中期計画もろとも信用度が少ないです
ぼく自身ほとんど売却していまして、

残すところ百株ほどですが、
保有する意味も考えていかなければいけませんね。

 CAICAの今年の4月時の予想

”CAICA”のやばい決算書の確認
黒字予想はどこへ行ったのか

shun's article picture - settlement in pc CAICA
 
まず今回の決算の元々の予想は、
1億ほどの黒字となっていました。

毎年赤字経営の企業なので、
黒字になるだけでかなりの成長だと言えます。

事業内容も好感が持てる内容ではあったので、
少しの期待はありました。

しかし、2021 年 10 月期通期連結業績予想と実績値との差異及び 特別損失(連結・個別)の計上に関するお知らせ

こちらにより一気に9億の赤字となります。

なぜ”CAICA”はここまで赤字となったのか

赤字となった内容としては、

  • 一部の証券商品が出せなくなってしまった
  • 仮想通貨の一時期の低調
  • 子会社の販管費などの読み違い

まあ今年は色々動いていたので、
予想がズレるのはしょうがないですし、

仮想通貨を元にした商品を扱いますので、
そこでも落ちるのも仕方ないことではあります

しかし途中での下方修正も出さず、
増資もやめないのは企業としてどうなのかなとおもいます。

そんな予想もできないのか。
中期計画書はそんなずさんなものなのか。

その辺りがやばいという謂れですね。

決算書の”今後の見通し”から

今後の見通しにより、
来期もまた黒字予想を出しています。

この内容がまた信じづらいところでして、
eワラント証券から商号変更したカイカ証券

これによる黒字を見込んでいますが、
まずはカイカ証券のサイトを見てみましょう。

正直の印象から言いますと、
まともなエンジニアはいるのか
これが第一印象です。

他にも突っ込みどころはありますが、
前回も赤字を出しているところで強い理由もなく、
黒字予想を出したのでこの辺りはやばいです

更に今後気をつけるべきこと。
この辺りも見ていきましょう。

”CAICA”の株を買う上で気を付けること
今後の黒字予想は信じない上で予想しましょう。

shun's article picture - image impression to PC
 
ここまでで今回の決算を確認しましたが、
ここからは少し過去を見ていきましょう。

正直どちらかと言えば、
この過去が問題ではあります。

先に危険な点でいくと、

  • 黒字予想は毎度のこと
  • 増資が終わる様子がないこと

特にこの2点です。

黒字予想は毎度のこと

実はこれ初めてのことではなく、
毎回黒字予想から下方修正をすることなく
一気に赤字決算を出してきます。

このようなことが当たり前にあるので、
黒字予想はもう誰も信用しません。

その上で何か面白いことがあるのでは
と投資を行うのです。

まだ結果は出ていませんが、
倒産していないならば一応チャンスはあります。

増資が終わる様子がないこと

何度続けられたか。この増資。
CAICAは常に増資をしているイメージです

結局ずっと赤字経営をしていますので、
資金が足りなくなります。

しかも有利子負債は少ないのに、
自己資本率も少ないと言う怖いパターンです。

企業としての安全性も少なく、
この辺りは超注意になります

  自己資本率の考え方はこちらから

まとめ:やばい株”CAICA”の今後とは
また黒字予想を赤字へ当日転換!

shun's article picture - cryptocurrency and money CAICA
 
ここからCAICAがしっかり実数字を出すまでは、
おそらくもう記事を書くことはありません。

前のIR連打でかなり心踊りましたが、
結果としてはやはり数字を出せませんでした。

一度でも黒字を出せたのなら、
少し企業としての信用度も出てきますが、
それがなければダメですね。

今後もし本当に黒字を出せたのなら、
そのときはごめんなさい記事を出します。

前の記事を見ていただいた方ならわかると思いますが、

予想が当たりすぎてて逆に残念です。

おわり

スポンサーリンク