【ルールを作らない】”損切り”のタイミングを早くするコツ【裏技あり】

All-Investment Investment Stock investment

  

こんばんは。shunです。

当ブログの初心者に対する取引のコツとして、

ルールを作ること。

これを強く推したと思いますが、
今回はあえて逆に、

ルールを作らない。

そんな取引の仕方を説明していきます。

”損切り”のタイミング

”利益確定”のタイミング

この辺りの説明を主にしていきます。

”損切り”タイミングは早く。
”利益確定”のタイミングは遅く。

shun's article picture - triple clock
 
まず当ブログでは、
株式投資のロードマップを作っており、

その中で”損切りにルールを作ること
そう説明しています。

しかしそれは必ずしも、
正解でない可能性もあります。

  初心者のためのロードマップはこちらから

”損切り”のタイミングは早く

なぜ初心者ルール作りをすべきかというと、
どこで売ったらいいかわからなくなる。

ということは、

ここまで行ったらまずい。

 
そのタイミングさえ分かれば、
自分でタイミングを図れるということです。

そのタイミングがいつかという話ですが、

  • 自分の筋道立てたプランと違ったとき
  • 想定してない下方修正
  • 値動きが何もなくなった

これはほんの一例です。
要は初めに思惑をもって銘柄を買い

その思惑に沿わなくなった時損切りタイミングです。
株価だけの話ではないと思っています。

もちろんこれ以上下げると、
株価が戻らない雰囲気を感じる。

そんなときもあるので、
そのときは泣く泣く損切りもします

しかし基本的には、

損切りは立てたプランに沿わなかったとき。

 
それを覚えてください。

”利益確定”はゆっくりでいい

急騰した銘柄は、
すぐ売りたくなりますよね

しかしすぐしないほうがいいパターンもあって、

  • 自分がしっかり吟味した銘柄
  • 短期急騰型でない銘柄

ゆっくり上昇した場合。
その下落がただの調整の可能性もあります。

なので、調整後さらに上がる可能性もあるので、
そこで一旦待つ。

そんな選択肢を取ることも可能となります。

短期型の場合。
そのような選択をしてしまうと、

株価が戻ってこないので要注意です。

 

優柔不断向けの裏技

どうしても、

  • 損切りできない。
  • 利益確定もできない。

そんな方もいると思います。
その人に向けての裏技ですが、

半分だけ利益確定

これ結構盲点で、
初心者のうちって、

全部、利確しないといけない。

そんな頭があると思うのですが、
半分だけ利益確定することによって

リスクを半分に減らせる上に、
その時にプラスが発生するので、

かなり安心して、

残り半分を見守るモチベーションを保つこともできます。

一度試してみてください。

スポンサーリンク

やはり”損切り”タイミングは大事な話

shun's article picture - major rotate
 
ここまでタイミングの話をしましたが、
損切りのタイミングを極めるだけで、

投資を極めることができます。

色々なパターンがありますので、
そのパターンを見ていきます。

”損切り”のパターン

まず”デイトレ”の話を上げますが、
デイトレの必勝法で、

強くて、上がりそうな銘柄を買って
ダメそうならすぐ損切り。

それを繰り返して、

10回に1回勝てばいい。

 
そんな投資法が存在します。
ここでも”損切りタイミング”

損切りタイミングさえ完璧にすれば、
購入タイミングは適当であっても

どこかで勝てる。
主に資金の多い投資家の方が使ってますが、

1回に勝てる額が多くなるので、
そのうち勝てるようになります。

しかし負け慣れてないとメンタル持ちません。

 

下方修正などマイナス材料の損切り

ここが結構難しくて、
株式投資の世界には、

悪材料出尽くしという言葉もあるので、
出た時点が”損切りタイミング”か。

と言われるとそうでもないんです。
ここに関しては、言語化しにくいですが、

  • その銘柄の人気度
  • 将来性
  • どれぐらいのマイナス材料であったか

この辺りが重要になってきて、
最近よく記事を上げていた、

2315 CAICA なんかは、
将来性より思惑だけで動いていて、

そこからの下方修正ワラント増資

とここまでなってくると、
損切りタイミングと考えると自然です。

 しかし諸説あります。

 
  CAICAの記事はこちらより

まとめ:”損切り”はタイミングが命。

shun's article picture - time clock & cup
 
結論でまとめていくと、
ルールを決めるのは重要ですが、

そのルールを数値化するのでなく、
言語化していこう。

というのが言いたいこと全文ですね。

結構この考えが難しくて、
売らないと決めていても、株価が下がっていくのは、

投資家として見ていられません
これを確定的なものにするのは、

銘柄の調べ尽くすこと。

 
負けてもいいや。

と思えるぐらい、
調べて買うテクニックを身に付けましょう

それが投資家です。

おわり

スポンサーリンク