【大穴だらけ】人気のない”陸運”の株に今後狙い目があり【関連銘柄とは】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

最近、”海運”のジャンルがかなり注目され、
株価もかなりの上昇となりましたが、

陸運”の方はどうなんだろう。

とそんな記事となります。

  海運に関してはこちらの記事より

これは昔からの話になりますが、

陸運はあまり株式としての人気がなく
注目されることが少ないです。

しかし、

  • コロナ禍でのECサイトの需要大。
  • 営業体系の改善
  • 進められるDX化

により、これから注目を集めるのでは?
という分野の紹介となります。

  • 陸運の狙い目銘柄とは
  • 今後考えられる展開

こんな感じでまとめていきます。

スポンサーリンク

”陸運”の株の今後の展開とは
関連銘柄から現在の考察

shun's article picture - land transport
 
前項でも書きましたが、
ECサイトの需要がかなり高まったため、
もちろん運ぶのは陸運が多く、

同時に需要が上がっています。

 
ということは今は大人気株なのでは??
と思うところですが、

業績の割に上がってない株が多いです
何が起きているのでしょうか。

なぜ”陸運”の株は人気が出ないのか

もちろん有名どころは上がっているんです。
しかし、全体といえば、

  • 高配当でも動いてない銘柄
  • 業績がいいのにあまり株価に反応なし

など難しい状態が続いています。

上がった銘柄変わらない銘柄も、
コロナ禍の一過性の需要増。

により入りにくい状態なんだと思われます。

ここからの需要はどう考えるか

アフターコロナの世界では、
もしかしたら今ほどの需要がなくなるかもしれません。

しかしECサイトの充分な宣伝にもなったと思いますし、
メルカリなどの別業態から考えても、

まだまだ業績は上がる余地があると思います。
また、やはり成長を続けるのが”企業”です。

9145 ビーイングHLDGS

この企業を見たときに、

陸運の分野を取り上げることを決めました。

 
割と前から注目していて、
一番気になった言葉が、

運ばない物流。

メーカー。卸売り。小売店
この3つの物流センターを1つにする試みをしています。

しっかり提案して、無駄なコストをなくす。

しっかり変えて行こうと気持ちがありますよね。
このような企業が多くある限り、

成長はしていくのかなと思えます。

”陸運”の株は今後狙うべきなのか

shun's article picture - business tactics
 
このような点から狙って行こうと思いました。
ビーイングHLDGSに関しては、

業績の上方修正と増配のIRも出しており
成長企業として申し分ないです。

さてここからは、
”陸運”の狙い目銘柄の紹介をしていきます。

”陸運”の関連銘柄

まず、割安な銘柄が陸運には多くあります。

  • 9076 セイノーホールディングス
  • 9055 アルプス物流

あげるとキリがないくらい、
割安株がゴロゴロ転がっています

配当も立派なものが出ていますし、
安全性はあるのですが、

テーマの人気のなさが引っ張りますので、
購入するにしても、かなり長い目が必要となります。

また、

  • 9028 ゼロ
  • 9034 南総通運

のような出来高こそほとんどないものの
かなりの割安の数値でありながら、
高配当の銘柄も存在しています。

このブログでおすすめする銘柄としては、

9145 ビーイングHLDGSですが、

人気がない分、
大穴のような銘柄がたくさん存在しています。

  ”高配当だけ”の銘柄は気をつけましょう。

まとめ:”陸運”は人気なしの狙い目?
今後注目集める大穴の株式銘柄

shun's article picture - car & man
 
このように色々と狙い目があります。
基本的に指数としては割安を示しているものが多く

理屈的に考えると買いたい銘柄ばかりです。
なぜこんなに人気がないのでしょう。

今ある注意点を最後に全てまとめておきます。

注意点とは

まず株式投資の買われ方としては、
やはり話題性が必要です。

陸運で注目されるべきは”業績”</span>ですが、
大きな急成長があるというよりは、

安全経営が全てと言えます。
こうなってしまうと投資家は、

いつ買っていいか分からなくなるので、
値動きがあまりない結果となります。

また、今は燃料の高騰が起きていますので、
今後の業績に関しては、

燃料の高騰がある分、

業績が縮小される可能性があると言えるでしょう。

 
このような注意点に気にしつつ、
安全に投資がしたいという方は、

陸運に一度目を向けてみてはいかがでしょうか。

おわり

スポンサーリンク