タグ:投資テクニックが付いている記事一覧


All-Investment Investment Stock investment

最近突然株価が上昇した”マツモト”という企業。3000円ぐらいであった株価が2万円ほどまで上昇しています。仕手株した銘柄はかなりのマネーゲームが巻き起こる。とされていますが、なんとある有名人が関わっていることにより、起こったとされています。なぜそこまでの上昇が起こったのか。今後の株価予想と共に解説していきます。

All-Investment Investment Stock investment

少し前に話題になりましたが、”個別株投資”はすべきでないという言葉。もちろん日本株というものは危険をはらんでいますし、投資信託やETFを触っていた方が安全に投資運用をすることが可能になる場合もあります。今回はそんな比較も含めて、初心者におすすめされない理由を解説していきます。難しいだけでは済まされない理由があります。

All-Investment Investment Stock investment

企業の資金調達手段である、市場への上場。とは言え株価がずっと下落してしまっていては、せっかくの手段を有用に使うことはできません。そこで企業が取れる手段として存在する”自社株買い”。よく話を聞くけど実際に株価にどのような影響を与えるのか。株価が下がるパターンとは。という実際の部分を解説していきます。知っておくと徳です。

All-Investment Investment Stock investment

株式市場を賑わせています。”オリックス”の株主優待廃止。これにより株価はどのように推移していくのでしょうか。もちろん影響しないわけはなく、考えるべきタイミングです。もちろん廃止理由によって株価が下落する銘柄が多いですが、この際に優待廃止について考えてみましょう。配当に推移しておく意味を解説していきます。

All-Investment Investment Stock investment

今回取り上げていく銘柄は、”BEENOS”という企業になります。この株価の上昇には情報の罠があり、それがそのまま下落理由に繋がっていきます。企業そのものの将来性に関する部分も自社の投資が関わっており、これがすぐに業績に繋がる内容だとは言えませんので、なぜ下落したのか。この結論は過熱感が高すぎたためとなります。

All-Investment Investment Stock investment

株式投資界の用語として、”ハコ企業”という言葉があります。簡単に言えば実態がないのに、あたかも将来性が高いように見せて新株や株価上昇により、資金調達するような企業を言います。この資金はどこに流れているかわからない詐欺のようなこともありますので、その例や特徴。その見分け方とは。という部分を解説していきます。

All-Investment Investment Stock investment

株式投資をする際にどんな情報を頼りにしますか?もちろんSNSなどの情報も意味がないとは言えませんが、一番重要な情報は企業が出している”IR”となります。これを全て見極めるのは難しいことではありますが、ある程度読み方・見方を知っておかないと危険な場面もあります。株価の影響とともに覚えておきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

初心者はしてはいけないと言われる”分散投資”。これは絶対間違いだと思っています。分散投資にはメリットがある手法。そんな考え方を生かした手法を解説しています。株ごとに、時間ごとに、株以外に。色んな買い方が存在していますので、しっかり効果を生かした方法を自分で取捨選択をして自分の得意な方法を使用していきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

配当落ち日。権利確定日。色々な言葉がありますが、実際に一番大事となる部分の”権利付き最終日”。とにかくここまで持っておけば配当や株主優待をもらうことができます。ここを境に売る人と買う人がかなり分かれると思うのですが、どのように考えるべきか。というのが今回の解説です。株価が下がるなら空売りすればとの疑問もお答えします。

All-Investment Investment Stock investment

株価が全く読むことができない。こんなイメージが湧いてしまう初心者投資家の方もいると思いますが、実際に”株価変動”のタイミングには規則性があると思っています。その仕組みを解説していこうと思います。更に株価変動の大きい銘柄などを知っておいて損はない知識を披露しています。負ける可能性を減らすことを考えてみましょう。