《今後の将来性も》”セルシード”の株価がストップ高にまで至った理由とは

All-Investment Investment Stock investment

 
こんばんは!
shunblogのshunです!

今週注目の株といえば、

間違いなく”7776 セルシード”ですね。

なぜ株価がストップ高まで上昇したのか。
その理由の中に今後の将来性があると思います

そんな将来性も考えていきながら、
今後の株価予想もしていこうと思います。

今はバイオに見直し買いが入っていると思うので、

特に再生医療の銘柄には注目しつつ
セルシードに狙い目をつけてみてはいかがでしょうか。

まずは大事な3点!

  • そもそもセルシードとは

  • セルシードの株価がストップ高した理由

  • セルシードの今後の株価予想

スポンサーリンク

 

色々分析はしていきますが、
仕手株となっている可能性は高いので

一気に急落する可能性はあります。
そのリスクは感じておきましょう。

そもそも”セルシード”の将来性とは
株価がストップ高した理由とは

shun's article picture - medical care
 
再生医療として、
細胞シートというものを開発しています

細胞シートを培養し、
移植するとこれまで治らなかった病気なども、

治る可能性も秘めています。

最近再生医療としてよく聞くもので、
もしこれが申請まで辿り着けばかなり大きいものとなるでしょう。

やはり今株価にまつわる部分も、
この再生医療によるものであることが大きいです。

公式HPはこちらから!

”セルシード”の株価がストップ高した理由

これに関しては遅れてきたものですが、
12月に治験は延期という結果になったものの、

共同開発の提携候補先と交渉を行っている。

 
というIRを出していました。
しかしご存知の通り12月の最後の方は、
かなり市場が不安定なものとなっていました

そしてそれが今市場が安定していき、
バイオ市場に買い直しが入ったことにより、

材料があったセルシードに買いが集まった。

というのが一番の理由だと思います。
もちろん新株予約権の行使完了もそこからの追撃にもなりますが、

材料としては弱い雰囲気もあります。

”セルシード”の将来性は

初めの紹介でも書いた通りですが、
再生医療に関するものがほとんどを占めています。

今の将来性を感じる部分としては、
実際のこの細胞シートを医療へと使う部分ですが、

これにはまだ時間がかかるようで、
細胞シートの回収などサポートの部分での売上がほとんどになっています。

なので今の状況は、
思惑を感じるのが中心のものです。

この結果が出てない状態がどこまで続くのか。

治験が延期となってしまって、
いつまで保有しておけば良いのかと。

不安も感じる内容も多くなっています。

スポンサーリンク

”セルシード”の将来性から感じる今後の予想
ストップ高になった株価は下落しないのか

shun's article picture - rewrite to information
 
それではここから予想となります。

やはり人類の将来性という意味では、
割と大きなことになるとは思うのですが、

株価という意味では、
まだまだ先になる雰囲気も見えています

日本国の医療系の承認は遅い上に、
治験の延期ともなれば不安点が大きいです

そんなことも考えた上で、
チャートからも今後の予想を立てていきます。

”セルシード”の今後の株価予想

5分足で最近のチャートを見てみますと、

shun's article picture - cellseed chart
 
このような形になっていますね。
しっかり出来高を作って上昇する形になっています。

つまり材料による上げというよりかは、
しっかり積み上げた結果、人が集まり上昇したような形ですね

なのでこれは将来性を見越した買いというよりは、

株価の上がり下がりを狙った売買。

 
と考えるのが普通でしょう。
なので今後の株価予想についてですが、

正直上がることが予想できない。

ということになります。
今後の大きな材料は4月以降でしょうし、
思惑としては一度終わった形です

とは言え新株予約権の行使完了はありましたし、
もしかしたら株価上昇することもあり得ますが、

元の株価水準まで戻る可能性もあり、
ここからの株価形成に関してもリスクがある

と考えておきましょう。

ここからバイオ銘柄に順に資金が流れ込むことも考えられるので、

他の銘柄が動き出したなら、
終わりが近いと思っていますので、

他のバイオ銘柄の動きもチェックしておきましょう。

まとめ:”セルシード”の今後の将来性は
ストップ高したもののリスクあり?

shun's article picture - application write paper
 
もう早くも株価は2倍ぐらいになっていますが、
これ以上いくには材料が足りない。

と思うのがぼく自身の結論となりました。

なのでここからは、
別の銘柄を狙った方が良いかもしれません。

正直この株価の上昇は読めませんでしたし、
ここからも予想の外とは言えますが、

他に可能性のある銘柄が多く思えます。

それぐらいこれまでは、
株価が不安な状況が続いてましたし、

見直し買いされそうな銘柄も多いです

市場自体がが下落しない以上は、
バイオには資金が入りそうな雰囲気がありますので、

まだまだ他も含めて色々考えを広げていきましょう。

  バイオでも長期的に上がりやすい銘柄

SBI証券が今おすすめ?
手数料が0円になる可能性も
プロモーションを含みます。

やはり証券会社を選ぶならSBI証券。
メリットとしては、

  • 証券アプリが使いやすい
  • IPOの取り扱いも多数
  • 大手なので安全

IPOは応募するだけでメリットが多いので、
サブでも登録することをおすすめします!

登録はもちろん無料です!

 

おわり