【思惑投資法】株は”思惑で買い”、”事実で売る”のか【中長期投資】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。
昨日の記事で出しました。

”思惑投資法”という言葉。

株式投資の世界では、

”思惑で買い”、”事実で売る”

このような格言があるんですが、
今日記事にしたいのは、

それが果たしてそうでしょうか。

という話となります。

  • 思惑で買い、事実で売るは本当?
  • 思惑投資法の美味しいところ
  • 注意点は”忍耐”??

この3点を特に押さえていきます。

  昨日の記事からお読みいただけるわかりやすいかも。

株は”思惑で買い”、”事実で売る”は本当?


 
まずこの格言の説明からします。

思惑で買い、事実で売る。

まず株の世界での株価上昇理由なのですが、

  • 実際の業績が上がった場合
  • 会社にとってプラスとなる材料
  • こうなるんじゃないかという思惑がある。

この3点が主に考えられます。

今回取り上げたいのは、
この3点目の思惑についてなんですが、

思惑というものは、
おそらくこうなるんじゃないかと、
期待による値上げとなります。

そして実際に、それが起これば株価が上がるんじゃないか
と思うかもしれませんが、

ここでの”事実で売る”です。

なぜ事実になると株価は下がるのか

普通に考えてみると、
期待されたことが実現すれば、

株価が上がる話のはずですよね?

しかしそうではなくて、
その実現したことに対して投資したわけですから、

実現してしまうと、
その後の期待する部分が消えてしまいます。

ひと段落を終えて株価は下落してしまうわけです。

理論的には結構わかりやすいんです。

そうでない銘柄を狙う”思惑投資法”

なぜ株価は下がるかというと、

その材料が一過性であるもの。

 
と考えられた殻です。
それなら、もっと長期に渡ってプラスになる材料があれば。

常に株価は上がるはずですよね?
そこを狙っていくのが”思惑投資法”です。

この詳しい話は次の段落からしていきます。

スポンサーリンク

思惑投資法の使えるところと注意点

shun's article picture - money on the man
 
それでは、

  • ”思惑投資法”の使える方法と
  • 絶対押さえておきたい注意点。

この2点をメインに考えていきましょう。
この投資法は難しいというより、

時間がたっぷり必要かもしれません。
なぜなのでしょう。

思惑投資法の大事にするところ

結論から行きますと、

株式銘柄を調べる時間

これを一番大切にします。

ぼくの中で株式投資は情報だと思っており、

情報で買って、ノリで売ります。

 
意味わからないと思うんですが、
割とこれはリアルな話なんです。

情報で買って、ノリで売る

この”情報”とは、
一つの銘柄の情報。というわけではなく、

全ての株式投資界の流れ。

 
というものが大事になってきます。

こういう銘柄にスポットが当たっている?
では、こっちはどうだろう

簡単に言えばこんな感じです。

更に情報の裏をとったりすることで、
完璧にした情報の真実性により、

投資代金を変化させるだけです。

そして、売るタイミングはある程度の、
上限と下限は絶対つけるようにしてますが、

これは落ちそう!売っちゃえ!

ってすることも多くあります。
中長期投資においてはこれでいいと思っています。

中長期投資と思惑投資法。
共通の注意点とは。

長期で投資する場合、
株価が大きく上昇することで値幅の差を狙う
キャピタルゲインを使うか、

配当金や株式優待のプラスにより、
少しずつ積み上げるインカムゲインがあります。

どちらとも共通するものとして、
長く持っておかないといけないこと。

長く持っておくためには、
株価が上昇するための材料が必要ですし、
暴落しない業績も必要となります。

この辺り、中長期投資は思惑投資法に似ていて、
違うのは悪ければ早めに切ることです。

思惑投資法の方が良く見えてきませんか?

まとめ:株の世界の格言”思惑で買い 事実で売る”
実際の場面もあるが、成り立たない場合も

shun's article picture - lends look men
 
結論としては、

それが成り立つ場面もあるが、
  違う場合を狙った”思惑投資法”がある。

 
と言った内容となりました。
もちろん思惑が出て、事実が出る直前に売る。

それは正しいことだと思いますが、
その前に買っていたなら、もっと得だと思いませんか。

しかも自分が探し当てた銘柄ですと
モチベーションも上がり、効果が上がります。

人に勧められた銘柄で勝つのも楽しいです。

しかし、
株式投資をするなら、調べるのも一つの楽しみだと思います。

挑戦してみてはいかがでしょうか。

おわり

スポンサーリンク