タグ:銘柄診断が付いている記事一覧


All-Investment Investment Social Issues Stock investment

今や株式投資界でも注目な”総裁選”。今月以内には新しい総裁が決まります。決まった人でかなり株価への影響が変わると思っています。その政策から影響のある関連銘柄を予想していました。やはり大きいのは、環境問題。DX化。経済対策。コロナ禍の現在と後。この辺りは絶対押さえるべきです。各注目銘柄をいくつか挙げてみます。

All-Investment Investment Stock investment

最近当ブログで紹介した”株銘柄”が大躍進を遂げております。今日の記事はこのような株銘柄をなぜおすすめできたのか。また、まだこれから上がるという銘柄を確認していきます。投資法は基本的に思惑を重視する投資法をおすすめしており、上昇してない状態から買っていくので、当たるとかなりの急上昇を見込めます。考えてみてはどうでしょう。

All-Investment Investment Stock investment

本日、国民の半数が”コロナワクチン”の2回目摂取を終えた。とのニュースが入りました。もうある程度供給量も決まり、もう株価に影響を与えるような内容はないのか。というところですが、まだ終わってないんじゃないか。と思惑を探してみました。そうしたところ出てきた関連銘柄を以前出した記事を交えて紹介していきます。

All-Investment Investment Stock investment

どんどん自民総裁選が動いてきそうな様相となってきましたが、その中で高市氏の出馬表明により、小型核融合炉の思惑が出てまいりました。それにより、”東邦金属”の株価が一時ストップ高と目を向けるタイミングとなります。社会の流れは株式投資においては重要です。関連銘柄とともにしっかり押さえておきましょう。

All-Investment Investment Stock investment

さあ、当ブログで割とずっと取り上げている”廣済堂”の最新です。前の記事での予想が外れ、ただ単純に株価上昇だけの話であれば、面白い話になりそうです。ヒントでいうと、長期保有の麻生グループが売却。中国系の参入。TOBの思惑。本当に今のところ予想でしかありませんが、起こってしまうととんでもないことになりそうな案件です。

All-Investment Investment Stock investment

最近よく動きを目にする、”総合スーパー”や”食品スーパー”。統合などをしてどんどん大きくなっていきます。こんな各スーパーの違いや、捉える客層の違い、それに伴う課題の違いを考えてみました。普段の生活に使うものを購入するので世知辛く見られるので、生き残るには知恵も必要となります、そんな各企業の知恵を確認してみましょう。

All-Investment Investment Stock investment

コロナ禍の初めの方に出てきた噂の話なんですが、”麻生グループが人が亡くなることを見越して、葬儀屋の株を買っている!”この話題知ってますか?結論としては、買ったのは事実で理由が違うと思っています。実際にコロナの影響で”葬儀屋”は全体的に業績を落としています。それを含めた、葬儀屋全体の今後の見通しも含めて説明していきます。

All-Investment Investment Stock investment

元美容師のぼくが大好きなメーカー”ミルボン”の紹介となります。美容師時代に好きだったミルボン。株式投資家目線のミルボン。色んな面から分析をしてみます。現役美容師からの情報も元にして、ミルボンの凄さをアピールしてみます。ぼくも身の回りに使っていますので、説得力も出ていると思います。他の美容メーカーとも比べて良い企業です。

All-Investment Investment Stock investment

これまで新型コロナの検査は”PCR検査”によるものが主流となっていましたが、最近になって出てきた”抗原検査”また、”抗体検査”。色々な検査が出てきて何がどういう検査なのか。ある程度の違いを受ける側として知っておく必要だと思います。また株式投資における関連銘柄。これから抗原検査が主流になっていく理由。も取り上げています。

All-Investment Investment Stock investment

このブログでも何度も取り上げた”廣済堂”の続報です。突然何もない中で出てきた”自社株買い”。これが ToSTNeT-3によるものであることから、色々な思惑がまた出てきました。そもそもToSTNeT-3とは。これによりどのように株価へ影響があるのか。今後の廣済堂の考えられるシナリオとは。この辺りを考えていきます。