【決算跨ぎ成功】”決算後”の注目銘柄の株価をチェック【なぜ下がるか】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

今週の頭に決算注目銘柄として、
いくつかの銘柄を紹介させていただきましたが、

”決算後”に面白い結果がでた銘柄がありました。

 
先に少し結論を言ってしまうと、
いい決算だったのに関わらず

株価がなぜ下がる。

という状態がありました。

  • 決算跨ぎをした結果
  • 決算の内容はいいものの株価が下がるわけ
  • 株価に関係する決算書の部分

見ていこうと思います。

  今週の注目銘柄はこちら

決算跨ぎをして成功したパターン
”決算後”株価がなぜ下がるのか

shun's article picture - calculator on red carpet
 
まず注目していた銘柄の確認ですが、

  • 3186 ネクステージ
  • 6469 放電精密加工研究所
  • 7713 シグマ好機

一応3名柄とも上方修正があったり
増益もあり、いい結果だったと言えます。

しかしこの中でも、

株価が下がった銘柄もありました。

 
不思議な結果を見ていきましょう。

3186 ネクステージ

今期経常を21%上方修正・最高益予想を上乗せ

このような結果となりました。
これだけみると、かなりいい決算に見えますが、

次の日の株価は下がります。

 
このパターンを分析しますと、

もう業績がいいのはわかっているので、
その分の株価はそれまでに上がっていた。

といった形になり、
決算後にそれ以上の発表がないのなら
その分調整が入った。

というのがぼくの見解ですね。
それ以前に株価がずっと上がっていた場合は、
織り込み済みの可能性も見えてきますので、

そこまで予測するようにしておきましょう。

ぼくの場合は、増配を期待したのですが、
まだだったようですね。

6469 放電精密加工研究所

今期経常を27%上方修正

ここが今回の一番のポイントです。
かなりの上方修正をしているので、

ここだけをみると、株価に影響があるように思えますが、

実際はPTSからかなり売られてしまいます。

 
これは元々の予想がかなり低い状態であり、
上方修正はほぼ確実だろう。

という状態から、
思ったよりの上方修正がされなかったので、
株価が下落したという状態でしょう。

回復には向かっているものの、
期待以上のものがなかった。

このような場合は下落を考えた方がいいです。
そのためにはある程度見る力が必要ですね。

7713 シグマ好機

6-8月期(1Q)経常は2.4倍増益で着地

これは単純にいい決算でした。
第一四半期なので

いい滑り出しに、買いが集まる展開でしたね。

元々注目のある分野ですので、
ここから相場が作られる可能性もありますね。

スポンサーリンク

”決算後”は決算書の内容で売買を判断
決算跨ぎをするにはPTSから張りつこう

shun's article picture - writing pc
 
決算跨ぎをした際に必要なことがあって、

その日はPTS(時間外取引)から確認する。

 
悪い決算今後にマイナスが出る決算の場合

PTSからかなり売られたりすることがあります

場内だけで取引をしようと考える場合、
決算跨ぎをするのは”ギャンブル”ですね

決算跨ぎをする。というのは、
それぐらいのことだと考えておきましょう。

”決算後”は決算説明の確認

ぼくが株式投資をしたてにやっていたことですが、

数字はよくわからなかったりするので、

”文字”と”%”と”増加 or 減少”だけを読む。

 
結構これでわかることが多かったりします。

勉強した後もしていること自体は、
このときと変わってなかったりするので、
始めたてはこれだけでも大丈夫です。

決算書の判断基準

全く決算書読めない方に向けてですが、

前年の数字だけと比べないこと。

 
これが簡単で割と大事です。
前年と比べてプラスであっても、
その前の年と比べると、あまり増えてなかったりします

今のコロナ禍では回復傾向にある。
という取り方もできますが、

本業の成績がしっかり上昇傾向にあるか
ここは絶対確認すべきことでしょう。

営業利益と経常利益

本業の成績。
という言葉を出しましたが、

”営業利益”という項目があります。
この項目が本業での利益を表すところです。

よく株探などで出されるのは”経常利益”で、

本業での利益から、
投資などで得た利益や損失も加えた数値となります。

もっとここは喋る内容はあるのですが、
今のところこれぐらいでも大丈夫だと思います。

  キャッシュフローぐらい読めるといいかもしれません。

まとめ:注目銘柄の決算跨ぎは成功か
”決算後”の株価がなぜ下がるかのメカニズム

shun's article picture - write paper
 
ネクステージに関しても、
なんとかその次の日に上昇して、しっかり利益を出せました

シグマ光機は言わずもがなですね。

放電精密加工研究所は、
指値でたまたま売りに入れていたら、
決算跨ぎの前に売れてしまったので、

なぜか助かったという結果でした(笑
投資家には運も必要ですね!!

今回の内容としては、

ぼく自身は全勝となりましたが、

予想結果は2勝1敗ですね。

このように決算跨ぎを意識的にすると
株価が下がるメカニズムも見えてきますので、

この記事と合わせて勉強していきましょう。

今後も注目銘柄がありましたら、
また記事にしていきますので、

楽しみにしていただけると嬉しいです!

おわり

スポンサーリンク