【これがIRの力】ステムリム材料で利益が!【実証されたトレード方法】

All-Investment Investment Stock investment

こんにちは。shunです。

本日は続きものの配信となります。
50万を使ってトレードを実証していますので、
よかったら前回をご覧いただくとわかりやすいかと思われます。

引用:shunblog

前回では、最後に様子見状態で終わっていましたが、
その後 4599 ステムリム にIRが出ました。

待望のIR!これによりステムリムはどうなるか

shun's article picture - cafe
 
正直出すのが遅くて焦ってました。

ただの経過報告にはなるのですが、バイオに取っては大事になります。

ちゃんと研究が進んでることを再確認さしてくれますので、
株主にとっては大きい材料になると言えます。

結果もしっかりとストップ高!!

IRこそバイオの力。ステムリムは優良企業か

正直な話、決算後の金曜にこのようなIRが出ると思っていました。

出たIRは映像で決算を説明をする動画となりました。

これは少し悩んでしまいますよね。(笑)

しかし、何も株主に開示しない企業も山程ある中で、ステムリムは今勝負時なのだと、
そう判断しました。

株主に対して、決算の説明をする。
それも今後の自信に対するものですよね。

その結果しっかりとIRを出し、株価をあげる結果となりました。

スポンサーサイト

   data-full-width-responsive=”false”

ステムリムのスイングトレードによって得た利益

8/7に「50万」の資金で購入して、スイングトレードを繰り返した結果。

  • 9/16(水)現在
  • 売却分 +45,850-
  • 保有分 +44,700-

保有分の平均取得単価が880円ほどで300株です。

1ヶ月で1銘柄で10万ほど利益が出せればまあまあでしょう。
これを10倍の資金でやれば100万近くの利益が出せます。

ただし、額が増えれば、株主心理を変わってきます。
この辺りがデモトレードが不要と言われる所以ですね。

今後の私見。ステムリムのトレード方法

またここで調整期間に入ると思われますので、
保有したままにするか、一旦売り抜けるかは株価の動き次第となります。

ステムリム単体で見れば、800円代前半になるのならまた追加購入を検討するし、
逆に今持ってるものは1050円程まで上がれば売却になると思います。

いつも決めてるルール決めをするならば、

  • 1050円までいくなら売却。
  • 830円切るなら買い増し。

といったところでしょうか。

ただし勝っている状況なので、少し強気には出れるので、
売却タイミングは、このルールより先の可能性もあります。

ストップ高後は、チャートは荒れます。

なのでしっかりチャートの動きを見た方がいいというのが、ぼくの私見となります。

トレード中のどでかいIRは期待しないように

shun's article picture - children & pc
 
ここまで材料を続けた直後に、まだ開示してない情報があるかもと
期待しすぎるのは良くないと言えます。

それで含み損を出すなんてもってのほかですね。

株式投資において、下げトレンドに入った銘柄を保有し続けることは、
間違いなく失敗すると言えます。

そのうちIRが出たとしても、その値がストップ高以下の位置なら、
よっぽどのIRでもない限り損となります。

何度も言いますが、損切り後、下から入り直すのが正解です。

その銘柄に愛着があるからこそ、そうしてください。
そこが蓋になってる可能性もあります。

そこに投資の心理を勉強する鍵があると、ぼくは思っていますので。

IRに頼らず、現実的に目標設定。今後のステムリムは??

shun's article picture - lego & pc
 
この記事は9/16(水)に作成してましたので、ここからは追記となります。

9/17(木)にストップ高分がなくなるぐらいの下落を見せました。
調整に入ると思われましたが、ここまでとはという感じですね。

モルガン・スタンレー証券の空売りが強すぎて、周りが消極的になっているのか。

明日、900円を下回るなら売却タイミングかなと思います。

勝っている状況を作って、冷静に判断する状況を作りましょう。

今、ぼくは勝っている状況にはあるので、買い増し売却選べる状況にあると言えます。

負けている状況になると冷静な判断ができなくなるので、
+の状況を作り出してからこそ、株式投資における「駆け引き」が始まるんじゃないかと思います。

これが実証された負けないトレード方法となります。

負けなければ、勝ちとなります。

またこの辺りは記事にしてゆっくり発信したいと思います。

スポンサーサイト

   data-full-width-responsive=”false”