【株価への影響】”今週の決算”の銘柄の注目ポイント解説【見方と狙い目】

All-Investment Investment Stock investment

 

こんばんは。shunです。

決算に注目をあまりしない当ブログですが、
今回は、注目銘柄が多いということで、

”今週の決算”の解説していこうと思います。

いまだに決算はギャンブルである部分がある

と思っているので、できるだけ詳しく、
注目銘柄として紹介していこうと思っています。

今回紹介する銘柄は3銘柄!

  • 注目の決算ポイント
  • 決算日と投資タイミング
  • 今後の将来性

この辺りを狙っていきます。

  決算ギャンブルとは

”今週の決算”の日程と注目の株”3銘柄”

shun's article picture - analysis information
 
それは今週の注目している決算と、
決算日を押さえていきます。

  • コロナ禍から業績が復活しつつあるもの
  • コロナによる特需が感じられる銘柄
  • 単純にテーマとして注目しているもの

ぼく自身が注目する銘柄を発表していきます。

  今週の決算予定はこちらから

3186 ネクステージ

  • 決算予定日:10月4日(月)
  • 第三四半期決算

かなり業績を上げてきている銘柄です。
中古車販売もかなり盛り上げてきている市場なこともあって、

株価が上がる余地もあると思います。
また、配当が11月に確定しますので、

このタイミングで配当増額が出るかもしれません。

 
注意点としては、
株価はかなり上がっているので、

マイナス材料が出た場合。
一気に利確売りに向かう可能性もありです。

6469 放電精密加工研究所

  • 決算予定日:10月5日(火)
  • 第二四半期決算

コロナ禍のかなりのマイナスから、

第一四半期決算にて回復してきました。

 
マイナスもかなりの強気の投資による物であり、
プラスに転じたなら今年は注目できるかな。

というところを評価しています。

通期の決算が出てないこともあり、
ここが増益予想であるなら、

株価にもかなり影響がありそうです。

7713 シグマ光機

  • 決算予定日:10月7日(木)
  • 第一四半期決算

最近注目の銘柄の1つです。
光学・レーザー技術に強みを持っていて
海外にも強いので、

今後少しずつ回復していく予想です。

 
また、販管費なども抑えれているので、
売上高が落ちても、
しっかり利益を出していることにも、注目す。

回復が今のところ緩やかなので、
まだ今回の決算ではサプライズは起きないかな。

と思っているのも本音です。

岸田総理の政策にもマッチしそうなので、
中長期としても期待できそうな銘柄です。

スポンサーリンク

注目の株式銘柄の今後の将来性と決算予想

shun's article picture - hands up
 
この3銘柄に関しては、
今回の決算はもちろんですが、

将来性としても見込んでの紹介です。

 
ネクステージに関しては、
季節性のようなものでもありますので、

今の時点では将来性では言えませんが、
今後伸ばしていく可能性は見ております。

決算予想はどのようにして行うか

これは単純なものと、
しっかり調べるもの

2通りがあると思っています。

まずは単純に2〜3年ぐらいの決算を見て、
回復傾向が見られるかどうか。

簡単に調べてみましょう。
これで買ってしまうと、まだ”ギャンブル”です。

ここからしっかり調べていくのですが、
ぼくが重要視するのは、

  • IRを出している重要材料
  • キャッシュフロー
  • 一番間近の決算説明資料

まずほとんど知らない企業の場合は、
IRや決算資料でちゃんとしている企業であるか

これを調べる必要があります。
IRにあまり力を入れてない企業もありますので、

どのような企業であるかぐらいは、
絶対頭に入れておきましょう。

  • これから何に力を入れていくか
  • 大きい仕事があるかどうか

この辺りを調べておくと、
予想は間違いなくしやすいですよね。

また、キャッシュフローを調べておくと、

  • 投資に積極的であるか
  • 資金繰りが厳しいかどうか

わかってきます。
キャッシュフローに関しては、
またブログで説明記事を作ります。

このような色々な点がありますが、
色々な観点から見るのが重要です。

まとめ:”今週の決算”の注目点を解説
株式投資がギャンブルとならないために

shun's article picture - technical analysis lends
 
3銘柄紹介させていただきました。
結構面白いところだと思っています。

一応いい決算であろうと選らんでみましたが、
やはり不安要素がたくさんありまして

絶対大丈夫!!

とは大手振って言えない部分もあります。
それはやはりギャンブル”感が拭えないからです。

これを埋めるのは調べる内容の濃さであり、
経験と言える部分もあります。

それであっても、外れるときはよくあります。
そのときにしっかり立ち直って次に移れるか

そこも株式投資においては、
かなり重要なテクニックになりますので、

頭の切り替えを早くしていきましょう。

おわり

スポンサーリンク